国消国産 ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

里海米の販売を強化 記念パックで一体感醸成 新米出発式

県域で取り組む統一ブランド米「里海米」の販売を強化するJA晴れの国岡山は10月2日、倉敷市で意見交換会と出発式を開きました。

自己改革

ピオーネ県域リレー 輸出も追い風 販売35億円見込む

岡山県内8JAの合併で4月に誕生したJA晴れの国岡山が進める、主力ブドウ「ピオーネ」の産地リレーが順調です。

ピオーネ収穫体験

新見市草間台小学校3・4年生の児童が毎年、農業体験学習として取り組んでいる「ニューピオーネ」の栽培が収穫期を迎えています。

新見産ピオーネ共励会で最高糖度20.0度

新見統括本部阿新ぶどう部会は、「新見産ニューピオーネ」の生産振興に繋げようと、9月18日に新見市で開いた共励会で今年の出来栄えを競いました。

窓口待ち時間にPR 特産品など情報提供

JA晴れの国岡山推進部は、広報部門と連携して推進活動の強化に取り組んでいます。

新見リンドウを主力にPR

新見花卉部会は特産のリンドウや菊などを広く知ってもらおうと花卉共進会や高齢者福祉施設への贈呈などを通じてPRを行っています。

【農業応援隊!晴れびと】祖父が残したブドウ 家族で守りたい

高梁市有漢町で先代が残したブドウ園を守ろうと日々汗を流すのが、岩原聖友さん(65)・寛明さん(39)親子。全国屈指の「ピオーネ」の産地びほく統括本部管内で、「ピオーネ」を主軸に「シャインマスカット」「瀬戸ジャイアンツ」を70アールで栽培しています。

ケーブルテレビでSDGsを発信 地元のものを食べる

真庭女性部は、真庭市のケーブルテレビが企画するSDGsに取り組む団体を紹介する番組に出演し、活動をPRしました。

手作りみそを使った焼き肉のたれ コク深く、旨み豊かな味わいに

倉敷かさや西阿知地区女性部は7月28日、西阿知支店で手作りみそを使った焼き肉のたれ作り教室を初めて開きました。

ホームページ・SNSを活用したPR活動を展開 子育て世代の原動力に

びほく女性部フレッシュミズの加工部門「ママン」は、独自のホームページやオンラインショップ、SNS(会員制交流サイト)を立ち上げ、活動や商品を積極的にPRしています。

全国の茶を参考に インストラクターから学ぶ

びほくお茶部会は8月11日、高梁市津川町で栽培講習会を開き、部会員や関係者ら15人が来年産に向けた注意点などを学びました。

最優秀に窪津さん(総社市)桃共進会で入賞18点選ぶ

岡山西統括本部は7月22日、鴨方支店でモモ共進会を開きました。「白鳳」「清水白桃」を中心に4品種50点が集まり、審査の結果、最優秀賞に「白鳳」を出品した窪津智司さん(総社市)が輝きました。

露地ブドウ出番 11月まで約26tを出荷

倉敷かさや統括本部笠岡アグリセンターは8月17日、同センターで露地ブドウ査定会を開き、出荷者や市場関係者ら16人が出荷時期を協議・決定しました。

一足早く稲刈り 岡山市内デパートへ新米を

勝英統括本部管内で一足早く稲刈りが始まり、秋の風物詩が広がっています。

SDGsや流通を学ぶ 夏休み特別授業

真庭統括本部は、管内の小学生を対象に、食農教育「あぐりにこにこスクール」を開いています。

佐々木さん(備前市)に栄冠「シャインマスカット」ブランド力向上

岡山東統括本部は8月19日、瀬戸支店でシャインマスカット共進会(ハウスの部)を開きました。

JAの魅力を伝え、つながり強化 地域の相談役として役割発揮

びほく統括本部北房支店は7月22日、JA共済連岡山と農林中央金庫岡山支店が協力し、来店感謝デーを開きました。

県北最大の商業施設に「晴ればれ市場」オープン

津山統括本部の直売コーナー「晴ればれ市場」が7月30日、イオン津山店にオープンしました。30〜40のコンテナに、地元の農家が作った野菜や花を並べて販売しています。

地域との関わり交流の体験共有 JA晴れの国岡山岡山西女性部

JA晴れの国岡山岡山西女性部は、「家の光」記事活用体験発表を行いました。

自己改革

猟師直伝82レシピ ジビエおいしく身近に 8年分まとめ無料配布

JA晴れの国岡山新見統括本部がジビエ(野生鳥獣の肉)普及にJA広報誌で連載した猟師直伝の料理8年分の集大成がレシピ集となりました。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
推し名物まつりの会場へ 広報誌プレゼント応募フォームへ ページの先頭へ