ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

農と食Agri and Food

晴れの国岡山の農業

JA晴れの国岡山のめざす姿(ビジョン)

「JA晴れの国岡山」ブランド 作って元気! 食べて元気!
~「JA晴れの国岡山」産の農畜産物が組合員、農業、地域を元気にする~

 農業者が、活き活きとやりがいをもって栽培・育成した農畜産物を、地域をはじめとした県内外の消費者が食し、活き活きとした生活を送る、この循環が広がり、みんなが元気になる。そのような元気の輪を広げていきます。


 現在の農業は、当JAに限らず、農業就業者現象をはじめとした様々な課題を抱えています。当JAもめざす姿(ビジョン)の実現に向けて、農業者とJA等との連携・協力して、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)のサイクルを確立し、実践してまいります

スローガン

 JA晴れの国岡山は、管内の農畜産物の生産・販売の増大を通じて農業者の所得向上と地域の発展を目指し、農業生産基盤の維持・強化に取り組みます。 また、農業振興にかかる助成制度の創設、農作業支援、直売所間での青果物等交流による連携、集落営農組織・法人及び後継者の育成など、様々な課題の解決するために、役職員に共通のスローガンを定め、めざす姿(ビジョン)の早期の実現を図ります。
地域の農業振興なくして、JAの存在意義なし。
JAの営農指導等総合事業の発揮なくして、地域農業の活性化なし。
JA役職員の地域農業振興への思いなくして、「組合員・農業・地域」の元気なし。

JA晴れの国岡山の農業の特徴

 県北部は蒜山高原や那岐山などの中国山地を望む山間部、県南部は瀬戸内海に面した沿岸地帯と、気候の変化に富んでおり、旭川、吉井川、高梁川の三大河川による豊富な水と肥沃な土、「晴れの国」とも呼ばれるほど晴れの日が多い気候にも恵まれ、果物、野菜、花卉、畜産など、多種多様な農業が営まれています。
販売高による分野の割合

水稲

 岡山県は旭川、吉井川、高梁川の三大河川による豊富な水と肥沃な土、「晴れの国」と呼ばれるほど晴れの日が多く、瀬戸内の穏やかな気候にも恵まれ、昔から米作りが盛んです。また、県中北部は中山間地、県南は平野部と地理的な条件が様々で、各地で様々な米作りが行われてきました。

 あきたこまち、コシヒカリなどの品種の他、日本穀物検定協会が毎年実施している米食味ランキングでの特Aを取得した「きぬむすめ」、酒造好適米の「雄町」など、品種が多く各地域でのお米のブランド化も進んできました。

 全国的に米の消費量が減少している中で、需給バランスを把握しつつ、消費者・実需者が求める品種や食味、栽培法にこだわった付加価値の高い米、業務用として安定的な需要のある米など、それぞれの用途に応じた米の生産を進めています。

麦・大豆など

 小麦については、特に津山地域を中心として、多収で製麺性に優れ、加工にも適した品種「ふくほのか」は「津山小麦」としてブランド化・、6次産業化を進めており、黒大豆は、勝英地域の「作州黒」が全国でも有数の産地です。小豆、ササゲも栽培しており、岡山県が開発した品種「夢大納言」という小豆も栽培しています。
津山ロール(津山小麦の加工品)
黒大豆「作州黒」
夢大納言小豆

野菜・花卉

 JA晴れの国岡山では非常に多種の野菜・花卉が生産されていますが、販売高が大きい品目を中心に、以下の品目を「広域重点振興品目」として選定し、、県行政等関係機関・団体と連携して、重点的に産地振興・生産拡大に取り組んでいます。
トマト
キュウリ
ナス
アスパラガス
白ネギ
リンドウ
スイートピー
 これらを「広域重点振興品目」を軸として、JA管内全体での「生産・販売計画」の樹立、栽培研修などによる栽培技術の共有・改善・高度化(栽培暦の統一など)、共同選果による規格統一を通じて、品質の高位平準化を図ります。

果物

岡山県の果物は全国的にも有名で、ブドウ(ニューピオーネ、オーロラブラック、シャインマスカット、マスカット・オブ・アレキサンドリア)、モモを「広域重点振興品目」として選定しています。
ニューピオーネ
オーロラブラック
シャインマスカット
マスカット・オブ・アレキサンドリア
白桃

畜産

 JA晴れの国岡山管内には各地域のブランド牛肉(千屋牛、備中牛、なぎビーフ等)があります。これらの既存のブランド力を活かし、お互いに協力することで、おかやま和牛のPRを一層強化していきます。
千屋牛
備中牛
なぎビーフ

地域団体商標制度

 地域団体商標とは、「地域名」+「商品名(役務名)」で構成される名称について、一定の地理的な範囲で知れわたっていると認められる際に、JA等が取得できる商標権の1つです。JA晴れの国岡山では、千屋牛が登録されています。

地理的表示(GI)保護制度

 地理的表示とは、長年培われた特別な生産方法や気候・風土・土壌などの生産地の特性によって高い品質と評価を得ている産品の名称を知的財産として保護するものです。JA晴れの国岡山では「連島ごぼう」が、ゴボウでは全国初、岡山県でも唯一登録されています。

上記以外にもJA晴れの国岡山にはたくさんの特産品がありますので、以下のページもぜひご覧ください。

直売所

 JA農産物直売所を農業者と消費者を結ぶ販売拠点として位置づけ、交流を通じて消費者の皆様のニーズを把握し、消費者の求める農産物・農産物加工品のご提供に努めます。

 また、統括本部間での連携を活用し、各地の特産物の交流による品揃えの拡大に取り組み、愛される直売所づくりに努めます。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ