ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

JA晴れの国岡山JA Harenokuni Okayama

自己改革・SDGsの取り組み

 当JAは「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として、組合員のみなさまの声に応えながら、不断の自己改革への取り組みを通じて、持続可能な地域農業・地域社会づくりを進めています。
 今後はさらに、わたしたちの事業や活動が与える多面的な影響にも配慮しながら、地球的視野に立ち、地域社会を構成する一員として、組織・事業・経営の革新を図り、社会的役割を誠実実に果たします。
 そのため、各々の置かれた環境を踏まえて、SDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて、事業・活動に取り組んでいきます。
SDGsのパネルを持つソラとサンのイラスト
自己改革は、地域のために果たすべき役割を、JAが組合員との対話を通じて実践する取り組みです。「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域活性化」を基本目標に、創意工夫ある活動を行っています。
SDGsのパネルを持つソラとサンのイラスト
SDGsは、貧困や飢餓、地球温暖化などの課題を国際社会が協調して解決するために、国連で採択された世界共通の目標です。JAの事業や活動は、地域社会の課題解決に貢献しています。
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ