国消国産 ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

JA晴れの国岡山JA Harenokuni Okayama

SDGsの取り組み

SDGsのパネルを持つソラとサンのイラスト
SDGs(持続可能な開発目標)は、貧困や飢餓、地球温暖化などの課題を国際社会が協調して解決するために国連で採択された世界共通の目標です。この中にうたわれている「誰一人取り残さない」という精神は、JAをはじめとする協同組合の「一人は万人のために、万人は一人のために」という理念そのもので、JAの事業や活動は、地域社会の課題解決に貢献しています。
SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

取り組み成果/2021年度

(1)持続可能な食料の生産と農業の振興に取り組みます

2 飢餓をゼロに 8 働きがいも経済成長も 15 陸の豊かさも守ろう
 地域の特色ある品目の生産振興に向け、行政と連携した生産団地造成や栽培施設導入、生産者組織を中心とした講習会や研究会の開催による生産技術力の高位平準化、ICT(情報通信技術)など新技術の研究による省力化・効率化を進め、生産基盤の強化と生産拡大に取り組み、農地の保全・活用に努めます。担い手の育成確保のため、農業人フェアや就農オリエンテーションへの参加、就農のための農業塾の開催、農業融資や補助事業の提案相談などに取り組んでいます。
ブドウ生産団地の造成を進め、生産基盤を強化します
生産者を対象に栽培講習会を開き、技術を高め合っています

(2)持続可能な食料供給に取り組みます

2 飢餓をゼロに 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 12 つくる責任 つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を
 「みんなのよい食プロジェクト」を通じて食の大切さ、国産・地元産の豊かさ、農業の価値を伝える運動を展開し、食料自給率の向上や環境負荷の軽減につながる消費行動への理解を広げています。 管内の生産者が作る農畜産物などの食材を国内や地域内で流通させる「国消国産」「地産地消」を進め、特に直売所では近くで生産した農畜産物を出荷し、消費者から新鮮でおいしいと喜ばれるとともに、 生産者のやりがいや農家所得向上につながり、地域の活性化にも貢献しています。カキ殻を米作りの肥料に再利用して育てた資源循環型の「里海米」、集荷から加工、 製品化までJAが一貫して手掛ける「農協精米」「元気玄米」に加え、産地から直売所を自車便で結ぶ「晴ればれ直行便」は代表的な取り組みです。
地産地消の拠点となっている直売所
「晴ればれ直行便」による新米販売

(3)農業生産における環境負荷の軽減に取り組みます

2 飢餓をゼロに 6 安全な水とトイレを世界中に 9 産業と技術革新の基盤をつくろう 12 つくる責任 つかう責任 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう
 GAP(農業生産工程管理)や生産履歴記帳に取り組むとともに、栽培暦の作成配布や土壌診断などを実施。営農指導員による巡回や講習会、購買店舗などを通じて適切な施肥・廃棄物の適正処理、農薬の適正使用のための啓発・指導を行っています。農業で不用になったプラスチックやビニール、農薬などの資材の回収・処分もサポートしています。
環境負荷やコスト低減を考慮し、適正施肥、水管理、病害虫対策などを盛り込む水稲の栽培暦
農薬の適正使用を徹底するために作成した統一ハンドブック

(4)農業の持つ多面的機能を発揮していきます

6 安全な水とトイレを世界中に 11 住み続けられるまちづくりを 13 気候変動に具体的な対策を 14 海の豊かさを守ろう 15 陸の豊かさも守ろう
 子ども向けの収穫体験や料理教室の開催、教材の贈呈などの食農教育活動、地域住民を対象にした農協祭りなどのイベントを通じ、農作物を口にするまでの過程や特徴を学ぶだけでなく、自然環境や歴史文化、景観や生態系の保全など農地、農村の暮らしに深く関わるさまざまな役割も伝えています。
食の大切さを学ぶ料理教室
米作りの体験を通じて稲作文化や水田の役割などを学ぶ児童

(5)安心して暮らせる持続可能で豊かな地域社会づくりに貢献していきます

1 貧困をなくそう 3 すべての人に健康と福祉を 4 気候変動に具体的な対策を 8 働きがいも経済成長も 10 人や国の不平等をなくそう 11 住み続けられるまちづくりを 13 気候変動に具体的な対策を
 交通安全機器や「こども110 番の家」セーフティーコーン贈呈、交通安全教室の開催、訪問活動による見守りや安否確認、防犯・防災・美化活動への参加など、地域に根ざした活動を通じて地域の安全安心な生活環境づくりに貢献しています。障がい者雇用や農福連携による担い手の育成確保も進めています。
県警と連携して開いている交通安全教室
地域農業の担い手として障がい者が活躍する農福連携

(6)多様な関係者・仲間との連携・参画に努めます

5 ジェンダー平等を実現しよう 16 平和と公正をすべての人に 17 気候変動に具体的な対策を
 女性部や青壮年部には、食と農を大切にしたい女性や若手農業者が集まり、営農や暮らしをよりよくしようと、仲間とともに楽しく学び合い、協同活動の輪を広げています。家庭で余っている食品を持ち寄り、食支援が必要な人たちに届ける「フード&ライフドライブ」、子ども食堂への米寄贈、コロナ禍の大学生への食材支援などに取り組んでいます。東日本大震災や平成30年7月豪雨など災害時には、JAグループの協同の力を発揮し、被災した店舗や施設の復旧支援、炊き出しなどで助け合いました。
コロナ禍の学生への米寄贈
女性部と青壮年部による
「フード&ライフドライブ」
大学と連携し、食と農を基軸に地域の活性化に取り組む
推し名物まつりの会場へ 広報誌プレゼント応募フォームへ ページの先頭へ