ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

野菜

暑い夏を乗り越えた冬の甘い白ネギを楽しんで

和気郡和気町で白ネギを栽培している光岡盛樹さん。10月中旬から秋冬の白ネギの出荷を始め、妻の由香さんが代表取締役を務める(株)みつおか農園で従業員とともに出荷作業に追われています。

女性部

コップやスプーンに絵付け ポーセラーツ楽しむ

びほく女性部フレッシュミズは9月29日、真庭市で恒例のポーセラーツ教室を開きました。

女性部

特産を使った郷土料理学ぶ 思い出よみがえる「けんびき焼き」

倉敷かさや福田地区女性部は10月9日、福田支店で料理教室を開き、8人がJA岡山厚生連の講師から地元の特産を使った料理を学びました。

女性部

食品ロス削減、生活改善へ 「フード&ライフドライブ」活動に挑戦

津山女性部は、食品ロスの削減に向けて、地元NPO法人と協力し、「フード&ライフドライブ」活動を7月から始めました。

果物

梨「新高」シャキシャキ 独特の香りも

津山統括本部の久米新高梨部会は、梨「新高」を10月20日過ぎまで贈答用を中心に岡山・広島の市場、道の駅「久米の里」に約30tを出荷しました。

野菜

ヤマノイモ「銀沫」出荷スタート 粘り、風味、白さ三拍子

真庭市勝山地区で栽培が盛んな「銀沫」の販売が11月1日から始まりました。

食育

「ピオーネ」できるまで体験 ジベ処理から箱詰めまで

新見市立草間台小学校3・4年生14人が9月下旬、阿新ぶどう部会の武岡裕和さん(54)の協力で、特産「ピオーネ」の収穫・選別・箱詰めを体験しました。

果物

島育ち「日生ミカン」 甘酸っぱい旬の味を楽しんで

備前市の日生諸島でミカンの収穫が始まっています。日生町みかん生産組合では8戸が約7.2haで栽培。

食育

ショウガ取れたね!地元小学生が収穫体験

津山統括本部管内でショウガの収穫が始まり、美咲町立加美小学校の5年生23人が10月6日、同町の江原一夫さんの畑で収穫を体験しました。

野菜

シャキシャキ食感「連島れんこん」人気 来年5月まで840t

倉敷市連島地区でレンコンの出荷が始まりました。県内有数の産地として、19戸の農家が約36haで栽培し、来年5月初旬まで中国、四国地方を中心に約840tを出荷予定。

果物

特産ブドウ最終「紫苑」 12月下旬まで出荷

特産ブドウの最後を締めくくる「紫苑」が出番を迎えました。出荷初日の9月30日には、吉備路温室ぶどう部会(総社市)と、浅原園芸組合(倉敷市)が計174kgを東京・大阪、岡山市場などへ送りました。

花卉

水いらず・長持ち「フォックスフェイス」を奉納 クリスマスや正月に飾って

びほく花木生産部会は10月2日、高梁稲荷神社でフォックスフェイス奉納式を執り行い、部会員や市場、行政関係者ら17人が好調な出荷を祈願しました。

畜産

ベテランに調教技術を学ぶ

新見市和牛改良組合は7日、新見市内の新見統括本部肉用牛指導センターで和牛の調教講習会を開きました。

その他

多くの人から愛される収穫感謝祭

新見統括本部は、17日Aコープあしん駐車場周辺で収穫感謝祭を行い大勢の人で賑わいました。

野菜

【農業応援隊!晴れびと】歴史をつなぎ、季節を映す「ひるぜん大根」

蒜山大根部会協議会の部会長を務める井藤文仁さん(61)は、子どものころから手伝いとして大根づくりに携わり、その後24歳で本格的に就農。妻の公子さん(62)とともに、2.5ヘクタールで作っています。

女性部

秋まき野菜育てる 防虫対策など学ぶ

岡山西統括本部は8月21日、園芸講習会を鴨方支店で開きました。岡山西女性部倉敷西ブロック鴨方支部の部員21人が、営農指導員から秋まき野菜の栽培管理を学びました。

女性部

モモの規格外品を利用 2種類のジャムに

県内有数のモモの産地を抱える岡山東女性部フレッシュミズは8月下旬、岡山県農業開発研究所と協力し、ジャムづくりをしました。

女性部

旨み抜群、見映え満点 ドライトマト加工始まる

真庭女性部フレッシュミズ部会は9月上旬、ドライトマトの加工を始めました。

女性部

豆腐作り通じ次期リーダー育成 家庭料理の文化伝承へ

倉敷かさや統括本部矢掛地区女性部は、豆腐作りを通して家庭料理の文化を伝承しながら、次期リーダーの育成に力を入れています。

その他

急な畦畔でもラクラク! リモコン式自走草刈り機実演

津山地域大型稲作研究会は、スマート農業の普及に向け、市内の水田で草刈りの実演会を開きました。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ