国消国産 ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

桃太郎トマトの存在感!地元パン屋とコラボサンドイッチ発売

JA晴れの国岡山は7月18日から、岡山市の地元老舗パンメーカー、株式会社岡山木村屋とコラボした「岡山県産桃太郎トマトと美星ハムのサンドイッチ」を販売します。

管内農畜産物が集結!「白桃フェスティバル」開催

JA晴れの国岡山は7月21日、昨年に引き続きJA管内全域をあげて取り組む「白桃フェスティバル」を開きます。

若者目線で国消国産を

岡山大学の学生がSDGsにつながる「国消国産」の考え方や意義などに賛同し、若者目線で地産地消に理解を広げる活動を始めました。7月10日、学生代表がJA晴れの国岡山の役員に提案書を手渡しました。

特産「桃太郎トマト」たっぷり!冷麺発売

JA晴れの国岡山は、地元レストランとコラボした夏にピッタリの「岡山県産桃太郎トマト」をふんだんに使った冷麺を考案しました。

ピオーネ「天空の実り」いよいよ出番/びほく統括本部

JA晴れの国岡山びほく統括本部管内で加温栽培したピオーネ「天空の実り」が7月8日に初出荷を迎え、300㌔ほどを主力市場の大阪市場へ仕向けました。

ジャンボな特産「ジャンピー」出荷スタート/津山市

津山市久米地区のジャンボな特産品、ジャンボピーマンの出荷が7月1日から始まりました。

加温ブドウ出荷始まる/まにわぶどう部会

真庭市で7月1日、JA晴れの国岡山まにわぶどう部会の加温ハウス栽培のブドウの出荷が始まりました。

持続可能な食と農を 第5回通常総代会

6月28日、倉敷市のマービーふれあいセンターで通常総代会を開きました。

【農業応援隊!晴れびと】この土地ならではの絶品のモモを求めて

県内産のモモのトップをきって収穫が始まったのは、勝央町の石川裕之さんと母、里江さんのハウス。加温で栽培するのは県内でここだけです。

モモ団地で生産拡大 若手の呼び水にも/岡山東桃部会

岡山東モモ部会は栽培面積拡大を目指して、行政・JAと協力し2021年から「ハイブリッド産地育成推進事業」に取り組んでいます。

果物の女王「アレキ」順調に出荷/船穂ぶどう部会

船穂町ぶどう部会は6月上旬から特産ブドウ「マスカット・オブ・アレキサンドリア」の出荷を順調に進めています。

練習の成果発揮 フットベースボール大会/倉敷市

岡山西統括本部は6月2日、地域貢献活動の一環として倉敷スポーツ公園(倉敷市)で毎年の恒例となる「JA杯春季フットベースボール大会」を開きました。

特産露地モモの出荷始まる

JA晴れの国岡山は6月12日、露地モモの出荷を始めました!

おいしい時期に味わって「連島ごぼう」を直売/晴ればれ倉敷店

6月上旬、農業資材専門店晴ればれ倉敷店で「連島ごぼう祭り」を開きました。旬を迎えた地元特産を手ごろな価格で販売。

ハウスブドウ出荷スタート/津山統括本部

JA晴れの国岡山津山統括本部管内のハウスブドウの出荷がスタートしました。

「ひるぜん大根」出荷本番/真庭市

県内一のダイコンの産地、真庭市蒜山地区で「ひるぜん大根」の出荷が出荷本番を迎えています。11月中旬まで700㌧を出荷します。

全国植樹祭に協賛 豊かな自然を将来へ

第74回全国植樹祭が5月26日、岡山市で開かれました。天皇皇后両陛下をはじめ、約1,850人が参加。

米について学び深める/久米南町

久米南町立神目小学校の5年生は5月21日、地域ボランティア6人の指導で「きぬむすめ」の籾まきを行いました。

桃の袋かけに挑戦/岡山市

岡山市立千種小学校の3年生27人は5月16日、JA晴れの国岡山岡山東モモ部会瀬戸支部の生産者のほ場でモモの袋掛けをしました

元気いっぱいタマネギ収穫/総社市

総社市立新本小学校の1・2年生22人が5月15日、小学校近くにあるJA晴れの国岡山の組合員が管理するほ場で、タマネギの収穫体験を行いました。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
役員が明かすJA晴れの国岡山のヒミツ 推し名物まつりの会場へ 広報誌プレゼント応募フォームへ ページの先頭へ