国消国産 ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

児童が笑顔でエダマメ収穫/里庄町

JA晴れの国岡山里庄支店は7月26日、里庄町の里庄西児童クラブの2年生児童30人とエダマメを収穫しました。

2つの拠点でブドウ栽培/真庭市

県特産のハウスブドウ「ピオーネ」「シャインマスカット」を出荷する加藤実さんは、JA晴れの国岡山真庭統括本部と津山統括本部の美咲町と、2つの統括本部の2市町でブドウを栽培しています。

旬の野菜を食べて元気に/びほく女性部北房支部

JA晴れの国岡山びほく女性部北房支部は7月28日、真庭市で地産地消料理教室を開きました

産地交流に弾み リンドウ初の共進会

JA晴れの国岡山リンドウ生産振興協議会は県内広域で各産地が連携して技術や品質を高め合おうと、7月21日、初めての共進会を総社市で開きました。

LINE活用で事務労力軽減/真庭女性部

JA晴れの国岡山真庭女性部は、本部役員と事務局の連絡手段として無料通信アプリのLINEの活用を始めました。

真っ赤な宝石、ミニトマト出荷最盛/蒜山ミニトマト部会協議会

JA晴れの国岡山蒜山ミニトマト部会協議会の出荷が最盛を迎えています。

児童が特産桃収穫/里庄町

JA晴れの国岡山里庄支店は7月21日、里庄町の里庄西児童クラブ3・4年生児童34人と「紅清水」を収穫しました。

手のひらサイズ坊ちゃんかぼちゃ出荷本格化/浅西坊ちゃんカボチャ生産部会

JA晴れの国岡山浅西坊ちゃんカボチャ生産部会は、1玉400~500㌘と手のひらサイズのカボチャ「坊ちゃんかぼちゃ」の出荷を本格化させました。

白桃の女王「清水白桃」フェア大盛況

JA晴れの国岡山は7月25・26日の2日間、総社市のJA山手直売所で「清水白桃」フェアを開きました。

直行便で高原の味「イエローダイヤモンド®」人気

JA直行便で7月下旬、蒜山高原産の朝どれスイートコーン「イエローダイヤモンド®」を輸送し、山手直売所「ふれあいの里」で販売しました。

トヨタ販売店でマルシェ

JA晴れの国岡山は7月23・24日の2日間、取引先のトヨタカローラ岡山(株)と協力し、マルシェを開きました。

シロップ漬けでいつでも桃を/岡山西女性部鴨方支部加工部

JA晴れの国岡山の岡山西女性部鴨方支部加工部は7月20日、里庄町で特産桃を使った「モモのシロップ漬け」の加工を始めました。JA鴨方直売所ふれあい朝市「なごみ」で8月から販売します。

地域農業の応援をテーマにソフトボール熱戦/津山統括本部

JA晴れの国岡山津山統括本部は7月17日、JA共済地域貢献活動として地域農業の応援をテーマに「JApresents久米チャレンジカップ ソフトボール交歓大会」を津山市で開きました。

酢料理で夏を乗り切ろう/津山女性部中支部勝部グループ

JA晴れの国岡山津山女性部中支部勝部グループは7月16日、部員7人が参加し、酢の料理講習会を開きました。

クイズでブランド周知!

JA晴れの国岡山は「白桃市場」の開設に合わせ、地元メーカーと開発したアイス「じぇいえいらーと」のクイズパネルを設置しました。

シャイン・アレキ集合 岡山西統括ブドウ共進会

JA晴れの国岡山船穂町ぶどう部会は7月22日、生産技術を高め栽培意欲向上につなげることを目的に船穂町ぶどう部会品評会を開きました。

【農業応援隊!晴れびと】特産キュウリに賭ける 新規参入の呼び水に

キュウリの生産量が県内トップの産地をけん引する木戸孝明さん。ハウスと露地を組み合わせた夏秋栽培で長期取りを追求し、ひたむきな姿が新規参入者の呼び水となっています。5年目の今年は10アール当たり13トン取りを目標に6月から出荷を本格化させました。

自己改革

役員がおじゃまします『「農業を元気に」「農家を元気に」「地域を元気に」』

倉敷市のショウガ産地を訪問し、収穫を体験しました。スコップで土をかきわけ、株ごと引き抜くのは想像した以上に力のいる作業です。

「清水白桃」最盛期

JA晴れの国岡山管内で、特産白桃の中で人気が高い「清水白桃」の出荷が最盛期を迎えました。

小麦仕上がり順調/津山統括本部

JA晴れの国岡山が津山地区を主産地に生産する小麦の仕上がりが順調です。作付けが140㌶に拡大し、安定した品質で収量は前年比5割増の590㌧を見込んでいます。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
推し名物まつりの会場へ 広報誌プレゼント応募フォームへ ページの先頭へ