ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

特産品Specialty

岡山の米Okayama Rice

晴れた空を背景にした稲穂の写真
主要産地
管内全域
恵まれた気候から生まれる、おいしいお米。
みなさまに選ばれるお米作りを進めています。

 岡山県は旭川、吉井川、高梁川の三大河川による豊富な水と肥沃な土、「晴れの国」と呼ばれるほど晴れの日が多く、瀬戸内の穏やかな気候にも恵まれ、昔から米作りが盛んです。 また、県中北部は中山間地、県南は平野部と地理的な条件が様々で、各地で様々な米作りが行われてきました。そのため、品種が多く、各地域でのお米のブランド化も進んできました。
 岡山県産のきぬむすめは平成28年産から4年連続で最高評価「特A」を獲得し、各地での特別栽培米や里海米への取り組みなど、おいしいお米作り、環境に配慮したお米作りを推進しています。

青空と広々とした田んぼの写真

代表品種

あきたこまちの玄米の写真

あきたこまち

コシヒカリの玄米の写真

コシヒカリ

きぬむすめの玄米の写真

きぬむすめ

ヒノヒカリの玄米の写真

ヒノヒカリ

ヒメノモチの玄米の写真

ヒメノモチ

朝日の玄米の写真

朝日

アケボノの玄米の写真

アケボノ

雄町の玄米の写真

雄町

岡山県産「きぬむすめ」が、4年連続の特A獲得!

 平成26年に岡山県の推奨品種に採用された「きぬむすめ」。「キヌヒカリ」を母、「祭り晴」を父として育成された「絹(きぬ)」という名前のとおり、白さとツヤに優れたお米で、食感は”こし”と”粘り”があり、コシヒカリと同等の良食味評価を受けています。熱々ごはんはもとより、おにぎりやお弁当にも適し、冷めてもおいしいお米です。
 日本穀物検定協会が毎年発表している食味ランキングで、岡山県産は4年連続で食味が最も良いとされる最高ランクの「特A」を獲得しました。

升に入ったお米のイメージ写真

農業もエコ!「里海米(さとうみまい)」

農業なのに海?
循環環境保全型事業「瀬戸内かきがらアグリ」

 JAグループ岡山では、海で育った牡蠣の殻を肥料に使って水稲を栽培し、その田畑の栄養分が川へ流れ、海へ注いでまた牡蠣を育てる…という循環型農業を目指した「かきがらアグリ事業」を行っています。JA晴れの国岡山でもこの事業に参加し、海と山を支えるストーリーを担う一員として水稲栽培に取り組んでいます。もちろん食味も向上します。
 里海米をご購入いただき食べていただくことにより、消費者の皆様も、誰でも、好きな時に、私たちの里海・瀬戸内海や岡山の自然や農業を守る活動に参加していただけます。
 詳しくは【こちら(瀬戸内かきがらアグリのホームページ)】をご覧ください。

里海米の認証ロゴマーク
「里海米」の認証ロゴマーク
循環環境保全型事業「瀬戸内かきがらアグリの概念図
里海米(岡山県産きぬむすめ)の写真

里海米(岡山県産きぬむすめ)

カルシウムや良質なタンパク質、天然のミネラルが豊富なかきがらを田んぼにまくことで、ふっくらとしてつやつや、冷めてもおいしいお米に仕上がります。

里海米(吉備中央町産コシヒカリ)の写真

里海米(吉備中央町産コシヒカリ)特別栽培米

かきがらを土壌改良材として使用し、減農薬・減化学肥料栽培を行っている特別栽培米です。
≫特別栽培農産物 吉備中央町産コシヒカリ(里海米)農薬使用状況はこちら

地域のブランド米

岡山東米(赤磐市、和気町、瀬戸町、備前市産のお米)のパンフレットの写真

岡山東米(赤磐市、和気町、瀬戸町、備前市産のお米)

地域の北部から南部まで、標高差を利用して、早生種から晩生種まで、適地適産で品質の高いお米を栽培しています。健康な土づくりを基本に、安全・安心・良食味の米作りをすすめています。

星むすめ(美星町産コシヒカリ)特別栽培米の米袋の写真

星むすめ(美星町産コシヒカリ)特別栽培米

清流美星町のきれいな水で減農薬・減化学肥料栽培を行っている特別栽培米です。
≫特別栽培農産物 美星町産コシヒカリ(星むすめ)農薬使用状況はこちら

きぬ姫(矢掛町産きぬむすめ)特別栽培米のチラシの写真

きぬ姫(矢掛町産きぬむすめ)特別栽培米

矢掛町産特別栽培米きぬむすめの愛称として地域のみなさまの投票によって生まれた名前。色白で高貴な印象の「姫」という文字で、矢掛町の古き良き町並みと、きぬむすめの白くつややかで繊細な美味しさ、そして特別栽培のプレミアム感を表現しています。

≫矢掛町産 特別栽培米 きぬむすめ 農薬使用状況はこちら

にいみ源流米(新見市産コシヒカリ、あきたこまち、きぬむすめ)の米袋の写真

にいみ源流米(新見市産コシヒカリ、あきたこまち、きぬむすめ)

岡山県新見市の魅力を丸ごとパッケージ。高梁川源流域で育む清純でおいしい米をイメージしました。

特別栽培米とは?

 化学肥料(窒素成分)および化学合成農薬の使用をその地域で慣行的に行われている使用状況の50%以下に制限し、栽培したお米のこと。農林水産省の新ガイドラインに従って栽培と使用状況の表示を正しく行った農産物だけがこの「特別栽培」と明示することができます。
 ちなみに、「無(減)農薬」「無(減)化学肥料」などの表示は、消費者にとって曖昧でわかりにくい表現として禁止事項とされています。
「特別栽培」という表示は、特別な栽培方法を正確に消費者に伝えることを目的としているのです。

化学肥料50%、農薬50%

新米収穫時期

品種名など 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
あきたこまち                                
              
コシヒカリ                                  
             
きぬむすめ                                    
          
ヒノヒカリ                                      
 
      
ヒメノモチ                                
  
          
朝日                                       
      
アケボノ                                       
      
雄町                                       
      
品種名など 時期
あきたこまち9月上旬〜9月中旬
コシヒカリ9月中旬〜9月下旬
きぬむすめ10月上旬〜10月中旬
ヒノヒカリ10月中旬〜11月上旬
ヒメノモチ9月上旬〜10月中旬
朝日10月下旬〜11月上旬
アケボノ10月下旬〜11月上旬
雄町10月下旬〜11月上旬

※出荷時期は目安です。地域により異なることがあります。

産地のこだわり

テープカットで里海米の新米出荷を祝った様子の写真

県域で取り組む統一ブランド米「里海米」の販売を強化するJA晴れの国岡山は10月2日、倉敷市で意見交換会と出発式を開きました。

刈り取り作業に精を出す青木さんの写真

勝英統括本部管内で一足早く稲刈りが始まり、秋の風物詩が広がっています。

みんな笑顔で作業の写真

農林水産省が選ぶ「棚田百選」に選ばれている美咲町大垪和西地区で稲刈りが始まっています。

動画と広報紙を広げる担当者の写真

岡山県のJA晴れの国岡山は、新型コロナウイルスによる社会不安が広がる中、田植えの疲れを癒して一息ついてもらおうと、棚田の風景を空から撮影した動画をユーチューブで配信を始めました。

田植えの様子の写真

JA晴れの国岡山では県北から中部地域にかけ、田植えが最盛となっています。津山統括本部の農事組合法人、原営農組合では主食用のきぬむすめ約4ヘクタールと、種子出荷用約2.5ヘクタールを栽培。6月3日には、組合員9人が協力して田植えを行いました。

田植えの様子の写真

農林水産省の「スマート農業技術の開発実証プロジェクト」で、5月29日、農事組合法人寄江原が真庭市鹿田地内の田んぼで鉄コーティングの籾を使った直播の田植えを行いました。

棚田の田植えをする宮尾さんの写真

あちらこちらに棚田が点在する岡山県美咲町の大垪和地区。そのうち大垪和西地区では、40ヘクタール、約800枚の田んぼが、360度ぐるりとすりばち状に広がり、棚田百選にも選ばれています。

田植え作業に励む森淵さんの写真

勝英地域で田植え作業が最盛期を迎えました。奈義町小坂で、林業の傍ら水稲と黒大豆を栽培している森淵誠さん(46)も田植え作業に追われています。

米袋の米を手ですくう生産者の写真

日本穀物検定協会が発表した昨年産米の食味ランキングで岡山県産「きぬむすめ」が4年連続で最高ランクの特Aを獲得しました。

岡山の米のおすすめの食べ方

ばら寿司

 岡山県の郷土料理の一つ「ばら寿司」。見た目にも華やかなばら寿司は、お祝い事などの「ハレの日」の料理として親しまれています。
 シャコ、ママカリ、エビ、穴子など瀬戸内の海の幸をたっぷり味わうとともに、ご飯が主体の料理なので、お米のおいしさも堪能できる、晴れの国おすすめの料理です。

岡山名物!豪華なばら寿司の写真
おにぎり

 お米のおいしさを味わうなら、やっぱりおにぎり。シンプルな塩むすびや海苔おにぎり、梅干し・おかか・鮭・ツナなどの具材、炊き込みご飯をにぎったり、ふりかけ類で味を付けたり…など、簡単なものから凝ったものまで、色々な楽しみ方ができるおにぎりは、おいしいお米で作りたいですよね。岡山の様々な品種で色々なおにぎりを試していただくと、きっと一番のお気に入りおにぎりが見つかるはずです。

おにぎりがならんだシンプルでおいしそうな写真

お米の豆知識

飯1杯は約30円!(平成27年)

他の食べ物と比べて経済的で栄養価が高いです。

お米はダイエットの味方!

近年、炭水化物ダイエットがブームになり、太るからお米は食べないという人も増えているようです。でも、昔の日本人はお米をたっぷり食べていながらさほど太っていませんでした。
お米は炭水化物だけでなく、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく含んでいます。またどんなおかずにも合わせやすいのがお米のいいところ。お米を中心にしたバランスの良い食事を続けるとカロリーが効率的に燃焼し、代謝も上がって食べても太らない体に変わっていきます。米食こそダイエットに向いているのです。

摂取カロリーを抑えられる!

冷えたご飯は炊きたてに比べ、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)という成分が多く含まれています。このでんぷんは消化されにくい=糖質に変わりにくいので、摂取カロリーが抑えられるということ。血糖の上昇も緩やかになるため、インスリンの分泌が抑えられ、体脂肪も付きにくくなります。このでんぷんは食物繊維と似た性質を持ち、腸の排出力も高めてくれます。

(出典:JA広報通信)

ほかほかのおいしいごはんのイメージ写真

田んぼのちから

里山の棚田の風景写真
昔むかしから大切に守り継がれてきた、田んぼ。
その季節ごとのうつろいは、私たちにとってなじみ深く、昔から見慣れた故郷の風景です。
田んぼはは美味しい米をそだてるだけでなく、
私たちの暮らしを守り、自然環境を守る大きな役割を担っています。

田んぼは水をきれいにしています。

 田んぼの底にある土の層がフィルターになり、水を濾過(ろか)しています。この時、有害な窒素分は分解され、空気中に放出されています。濾過された水はきれいな地下水になって、川や生活用水となり、生き物の命を支えています。

田植えをする生産者の写真

田んぼは洪水や土砂崩れを防ぎます。

 雨が多い日本において水田は、まさに小さな溜め池です。その貯水量は全国で数十億トンと言われ、溜め池や治水ダムの何倍もの働きがあります。たくさんの雨水が一気に川に流れ込まないように、いったん田んぼに貯めることで洪水や土砂崩れを防いでくれています。

青空が映った水田の写真

田んぼは気温の上昇を防ぎます。

 地球温暖化の原因の一つと言われる二酸化炭素。植物である稲は光合成を行って二酸化炭素を吸収し、きれいな酸素をはき出してくれています。 また、田んぼに張られた水は気温の上昇を抑えるのに役立っています。田んぼの水が蒸発する時に大気から熱を奪うため、周りの気温の上昇を抑える働きがあります。 夏、庭に打ち水をするのと同じ効果です。そして蒸発した水分は雨となって大地を潤します。

雪が積もった冬の田んぼの写真

田んぼは命を守ります。

 水をたたえた田んぼは、色々な生き物の住み家でもあります。
 カエル、ゲンゴロウ、ドジョウ、タニシ、トンボ、サギなど、小さな生き物から鳥たちまで、多くの命の受け皿となっています。残念ながら近年、絶滅の危機に瀕している生き物も少なくありません。 一つの種が消えることにより生態系が崩れ、その小さなひずみが、いずれは人々の生活にも影響を及ぼすことがあるかもしれません。 田んぼの生き物を大切にすることは、子供たちの未来を守ることにもつながります。

田んぼの傍のかわいらしい花の写真

田んぼは、私たちの心の風景

春には山や花々をその水面に映し、
夏には風と太陽を受けて青々と輝く。
実りの喜び、黄金色の稲穂が風にそよぐ秋。
次の季節を待つ冬。

 その景色と存在感は、何ものにも代え難いものです。
 地球のため、次世代の子供たちのため、田んぼは失くしてはならない大切な宝物です。

生産者の写真
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 営農部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1837
ページの先頭へ