ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

特産品Specialty

ヤマノイモ(銀沫)Yamanoimo(Ginshibuki)

銀沫の写真
主要産地
真庭市
銀白に輝く滝のしぶきのごとし。
食べた人に「山の芋の概念が変わる」とも言わせた「銀沫(ぎんしぶき)」。

 一般的なヤマノイモは管内各地で生産されていますが、真庭市を中心に「銀沫」が生産されています。銀沫は全国的にも珍しい品種で、試行錯誤を重ねながら、生産者一同が栽培方法を確立して育てあげた、幻のヤマノイモです。  真庭市で作られるようになって約20年。旧勝山町時代に、生産者、行政、JA、当時の真庭普及指導センターなどが協力し、特産化に力を注いできました。今の銀沫の形になるまで生産者らが大変な苦労をして栽培技術を確立しました。それでもまだまだ秀品の銀沫を作るのは難しく、未だ手に入りにくい「幻の山の芋」です。

カゴに盛った銀沫やパンフレットの写真
すり鉢ですった粘りのある銀沫の写真

 舌触りがきめ細やかで風味が良く、アクが少ないために、時間が経っても変色しません。その最大の特徴は強い粘りです。すりおろしてすり鉢ですると粘りがさらに増し、箸でつまめるほどの弾力になります。そして口にふくむと、やさしい山芋独特の香りが鼻に抜け、口いっぱいに美味しさが広がります。すりおろしてとろろご飯に、うどんにかけるほか、お好み焼きや揚げ物、汁物や鍋に落としても美味しくいただけます。

銀沫の特徴

真っ白な銀沫の断面の写真

真っ白

白さが自慢!すりおろして時間がたっても変色しにくい!
粘りのある銀沫の写真

粘り

つきたての餅のような食感!すり鉢をひっくり返しても落ちない!
銀沫生産者の写真

風味

アクが少ないのに、ヤマノイモの風味はしっかり!濃厚な味わい!

名前の由来

 「銀沫」という名前の由来は、その真っ白さから「同地区の名瀑、神庭の滝の銀白に輝く滝のしぶきが畑にふりそそぎ銀沫になった」との創作イメージから命名され、平成17年に商標登録しました。

神庭の滝の写真

ご贈答にもおすすめ!「とろろめし」もおすすめ!

銀沫の化粧箱の写真

化粧箱入りなので、ご贈答にもおすすめです!
※秀品3-4本(1kg)入りです。

銀沫のとろろめしの写真
とろろめし
  1. 銀沫は皮をむいてすりおろし、すり鉢に入れてする。
  2. 味噌を溶いただし汁を人肌に冷まし、少しずつ1.に入れてよく混ぜる。
  3. ご飯にかけていただく。

出荷時期

品種名など 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
銀沫
  
  
                              
  
  
品種名など 時期
銀沫11月上旬〜3月下旬
※出荷時期は目安です。地域により異なることがあります。

銀沫のおいしい食べ方

銀沫の磯辺揚げ

材料
  • 銀沫…200g
  • 梅干し…大1個
  • ショウガ絞り汁…適量
  • 海苔(味付け海苔がオススメ)…適量
作り方
  1. 銀沫の皮をむき、すりおろしておく。
  2. 梅干しは種をとってたたき、ショウガの絞り汁少々と一緒に(1)に入れて混ぜる。
  3. 銀沫をスプーンですくって海苔に載せ、180度の油でキツネ色になるまで揚げる。

※お好みで塩をふって召し上がってください。

銀沫の磯辺揚げの写真
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 営農部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1837
ページの先頭へ