ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

特産品Specialty

岡山の桃Okayama Peach

白桃の写真
主要産地
管内全域
純白の『白い肌』、芳醇な香りと繊細で上質な甘味。
伝統のある岡山県の白桃。

 桃の原産地は中国と言われ、岡山県では明治の初めに『白桃』が品種改良によって誕生し、そこから本格的な栽培がスタート。瀬戸内の穏やかな気候に恵まれ、現在では桃の代表的な産地となっています。
 現在の栽培面積は全国5位ですが、「白桃」や「清水白桃」を始めとした栽培の主流となっている品種の大半は岡山県がルーツとなっています。他県の桃は袋がけをしない無袋栽培が多く、赤みを帯びた色をしていますが、岡山県の桃は直射日光を当てない有袋栽培で、果皮が薄くて白い上品な雰囲気を醸し出しているのが特徴です。

お皿に乗せた白桃の写真

岡山の桃の特徴

一玉の白桃の写真

美しい白さ

他県の桃は赤みを帯びていますが
岡山県は白が主流。
切った白桃をフォークに刺して食べようとしている所の写真

柔らかい

直射日光に当てずに育てて
とろけるような柔らかさ。
糖度センサーを通過する白桃の写真

甘い

糖度センサーも使って
甘さをチェック!

こんなにあった!岡山の桃の種類

一口に「白桃」と言っても、実は品種がたくさんあります。一品種の旬は短いもので1週間、長いものでも3週間程度。シーズン中は次々と品種を交代しながら継続出荷していきます。

桃の品種「はなよめ」の写真

はなよめ

はなよめ

桃の品種「はなよめ」の写真 小ぶりな桃でほんのり紅色のかわいい品種。岡山県産の露地栽培の桃で最も早く市場に出回る極早生品種で、形が良く、糖度が高く美味しい桃です。
桃の品種「日川白鳳」の写真

日川白鳳

日川白鳳

桃の品種「日川白鳳」の写真 果汁が多くほどよい香りと、ほどよいかたさを持ち、しっかりとした桃。時期が早い早生桃の一つです。
桃の品種「加納岩白桃」の写真

加納岩白桃

加納岩白桃

桃の品種「加納岩白桃」の写真 果汁が多く、糖度は高く、繊維が少なめでとろけるような歯ざわりの早生桃です。
桃の品種「白鳳」の写真

白鳳

白鳳

桃の品種「白鳳」の写真 果肉は緻密でやわらかく、多汁。淡い色合いの果皮、やわらかい甘みの味わいの良い品種です。
桃の品種「清水白桃」の写真

清水白桃

清水白桃

桃の品種「清水白桃」の写真 昭和7年、白桃と岡山3号の混植園で発見された偶発品種です。平均的に果実重は260gで果姿は良く、緻密な果肉は、多汁で芳香があり甘みも多く、味は極上。また、果皮、果肉ともに極めて淡色、気品すら感じられます。
桃の品種「おかやま夢白桃」の写真

おかやま夢白桃

おかやま夢白桃

桃の品種「おかやま夢白桃」の写真 岡山県が育成した県オリジナルの品種です。果実は約340gと大きく、糖度は14~15度あり、食味は良好!上品な乳白色で、贈り物にも最適な、岡山白桃の一翼を担う次世代フルーツです。
桃の品種「川中島白桃」の写真

川中島白桃

川中島白桃

桃の品種「川中島白桃」の写真 肉質は堅くしまり、果汁が多く味が濃厚。日持ちが良いのも特徴です。
桃の品種「白麗」の写真

白麗

白麗

桃の品種「白麗」の写真 岡山県で平成11年に育成された桃です。果肉は緻密で、ジューシーで糖度も高く、日持ちが良いのが特長です。
桃の品種「瀬戸内白桃」の写真

瀬戸内白桃

瀬戸内白桃

桃の品種「瀬戸内白桃」の写真 主な産地は岡山県で、全国的にとても希少な品種。
桃の品種「白皇$reg;」の写真

白皇®

白皇®

桃の品種「白皇」の写真 岡山生まれの新品種。甘味が強く滑らかな口当たり。
桃の品種「恵白」の写真

恵白

恵白

桃の品種「恵白」の写真 千曲白鳳と川中島白桃を掛け合わせたものを改良することで生まれた新品種。白桃としてはサイズがかなり大きく、高い糖度とリンゴのような蜜があり、日持ちの良さが特徴です。
桃の品種「黄金桃」の写真

黄金桃

黄金桃

桃の品種「黄金桃」の写真 長野県で誕生した品種。果皮、果肉に着色がある。果肉は緻密で、やわらかな食感。甘さも多くおいしさをひきたてています。果姿は350g前後と大ぶりです。
桃の品種「冬桃がたり」の写真

冬桃がたり

冬桃がたり

桃の品種「冬桃がたり」の写真 11月下旬からが収穫期の極晩生品種。1個250g程度と小ぶりながら、糖度が高くなめらかな肉質と芳香が特徴です。希少性からクリスマスや歳暮用の高級ギフトとして注目され、「果物王国・岡山のニューフェイス」として期待されています。
産地間でもリレー出荷
岡山県は県北部は中山間地、県南部は温暖な平野と、県内でも気候の違いが大きいです。それにより同じ品種でも出荷の時期がずれ、長期間の出荷が可能となります。

出荷時期

品種名 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
はなよめ  
 
                      
日川白鳳  
 
                      
加納岩白桃   
                      
白鳳    
  
                  
清水白桃      
 
                  
おかやま夢白桃       
                  
川中島白桃        
  
              
白麗        
  
              
瀬戸内白桃          
 
              
白皇®           
              
恵白          
 
              
黄金桃          
 
              
冬桃がたり                      
 
  
品種名 時期
はなよめ6月中旬〜7月中旬
日川白鳳6月中旬〜7月上旬
加納岩白桃6月下旬〜7月中旬
白鳳7月上旬〜8月上旬
清水白桃7月中旬〜8月中旬
おかやま夢白桃7月下旬〜8月下旬
川中島白桃8月上旬〜9月上旬
白麗8月上旬〜9月中旬
瀬戸内白桃8月中旬〜9月下旬
白皇®8月下旬〜9月中旬
恵白8月中旬〜9月上旬
黄金桃8月中旬〜9月中旬
冬桃がたり11月中旬〜12月中旬
※出荷時期は目安です。地域により異なることがあります。

産地のこだわり

桃のイメージ写真の写真

岡山県新見市の特産品である桃の出荷がJA晴れの国岡山新見統括本部の土橋選果場で始まりました。

収穫作業をする板敷さんご夫婦出荷の写真

総社市の吉備路地区で特産のモモを栽培する板敷隆史さん(47)、美紀さん(45)夫妻は、就農して18年目を迎えます。

選果処理能力がアップした桃選果機の写真

JA晴れの国岡山と浅原園芸組合は6月26日、倉敷市の浅原選果場に最新の選果機を導入し、竣工式を行いました。

「日川白鳳」の選果を行う選果員の写真

JA晴れの国岡山岡山東統括本部は6月24日、山陽共同選果場でモモの共同選果作業を開始しました。この日持ち込まれたのは、「日川白鳳」。好天に恵まれ高糖度となりました。

白皇の栽培管理について説明を受ける参加者の写真

岡山東モモ部会は4月16日、岡山県農林水産総合センターで新品種「白皇」の栽培研修会を開きました。岡山東統括本部管内の生産者らが参加。

「はなよめ」収穫中の写真

県内で唯一のハウスモモ生産者の石川里江さん(67)は4月24日、勝央町にある温室ハウスで極早生品種「はなよめ」の収穫を始めました。

岡山の桃のおいしい食べ方

ちまたに溢れる桃のおいしい食べ方は
『食べる1時間ほど前に冷蔵庫に入れましょう』って食べたいのは『今でしょ』!

 桃は種側よりも皮に近い部分のほうが甘みが強いので、おいしく食べるコツは、皮をできるだけ薄くむくこと。もちろん、桃の甘みと香りを堪能するには、冷やしすぎないことも大切なポイント。冷蔵庫に入れるのは、食べる30分から1時間前ぐらいにしましょう。

 産地ではよく洗って表面のうぶ毛をとり、皮つきのまま食べることが多いそう。果肉が少し硬い早生の白鳳系の品種は特に、この食べ方が最高だといいます。今年の桃のシーズンは、ぜひ「皮つきのままガブリ」を試してみてください。

切った白桃のおしゃれな写真
白桃の正しい持ち方
岡山の白桃はなんといってもその果実の白さが自慢です。強く握ったり押したりするとすぐに茶色くなってしまうので、指の腹に乗せる感じでやさしく触りましょう。
皮の剥き方
よく熟れた桃なら手でも簡単にむきやすいのですが、硬かったりしてどうしてもむきにくいという場合には、桃のおしりの部分に十字に軽く切れ目を入れ、さっと熱湯にくぐらせ、すぐに氷水につけると簡単に皮をむくことができます。これはトマトの皮をむくときと同じ、湯むきという方法です。

食べ頃チェックポイント

  1. 色 桃肌の緑色が消えて、乳白色になったもの。
  2. 香り 桃特有の甘い香りが強いもの。
  3. 触感 手のひらで持った感じが柔らかく、爪先で桃の皮がはがれるくらいが食べ頃。
ご注意!白桃は熟しても赤くなりません!白いままです!
岡山の白桃は完熟しても白いままです。決して未熟ではありませんので、ご注意ください。ご贈答の場合は、先方様にぜひ教えてあげてください。
追熟は常温で。
白桃は常温で追熟させます。食べ頃を迎えて桃の香りが漂ってくるまでお待ちください。
白桃が並んだ写真

白桃の切り方!

「梅干しの種」の大きい版をイメージして、丸く、丸くカット!
  • 桃の種は梅干しの種の大きい版。あの丸みを想像しながら、縫合線の切り込み部分からナイフを入れ、丸く、丸くカットします。
  • 大きいパーツは食べやすい大きさにカットします。
  • 完熟した桃は、切り口の変色が早いので、手早く切りましょう。
白桃の切り方を示した写真

桃の保存方法

桃は冷蔵庫には入れないで!

 果物の香りや甘みは、成熟に伴い増えていきます。そしてお客様の手元に届く頃、MAXとなるタイミングで収穫しております。
 まず果物の香り成分は、その皮に90%が含まれます。そして、温度が高い方がよく発散されます。
 冷蔵庫の中は、湿度20%の乾燥状態。皮からどんどん水と香り成分が奪われて、その上、他の食材の香りを移されます。
『桃を冷蔵庫に入れると味が落ちる』のは、香り成分が飛んで、他の変な香りが付いてしまうから!です。

ザルに乗せた白桃の写真

白さと柔らかさの秘密は袋掛け

他県とは違う、岡山県のこだわり
 上品な白桃に仕上げるために1玉ずつ手作業で袋かけを行い、収穫するまでそのまま栽培されます。この白さが他県との違い、岡山県のこだわりです。真っ白に仕上げることで、上品な甘みと香り、とろけるような柔らかさを生み出しています。
袋掛けの作業をする白桃の生産者
袋を掛けた白桃の写真

糖度センサーと人の目によるチェック

糖度センサーの写真
他県とは違う、岡山県のこだわり

 各産地の選果場では光センサーや食味による糖度検査と高い技術をもつ人たちの目視による色・形のチェックが行われています。
 このように厳正な果形や糖度の検査により格付けされ出荷されます。

選果の様子

岡山の桃を食べた方、見た方の声

実った白桃の写真
岡山の桃はお子様からお年寄りまで、男性・女性を問わず、幅広い層に好まれています。
ご自身でいただくのも良いですし、ご贈答の品としても自信を持ってお勧めできます。
これまでに岡山の桃に関していただいたご意見・ご感想の一部をご覧ください。
岡山の桃は最高級で本当に美味しいです。桃の季節になるのが待ち遠しいです。今年もたくさん食べたいです。
いろんな産地の桃を食べてきましたが、やはり岡山県の白桃はおいしさの点で、別格の気がします。生産者さんの努力のたまものと、思います。
岡山の桃は美味しいので、お中元などに大切な人に贈ったりしています。
岡山の白桃は皮が薄くてツルンと剥けるのと、ジューシーで実が柔らかいのが魅力ですよね。
福島も桃が有名なんですが白い桃は初めて見ました。
桃大好きです!やっぱり桃といえば岡山!まだ今年になっていただいていないので、早く食べたいな♪
岡山が大好きな私は白桃のシーズンになると大阪から車を走らせて道の駅巡りをします。
ここまでの白い桃は初めて見ました!どんな味か知りたいです!
ふるさと納税で岡山県の桃を食べて以来、岡山県の桃ファンです。
この前岡山に旅行に行った際、白桃をいただきました。とっても美味しくて感動したのを覚えています。
岡山のももは本当においしくて1箱1万円が飛ぶように売れるくらいだと岡山出身の方にきいています。ぜひ食べてみたいです。
白桃はわたしたちには高価なもので岡山の方がうらやましいです。
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 営農部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1837
ページの先頭へ