ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

絶品やまのいも「銀沫」

銀沫の写真
銀沫
撮影日:5月12日/撮影場所:真庭市

 5月に入り、真庭市勝山地区を中心に栽培が盛んな、「やまのいも銀沫(ぎんしぶき)」の植え付けが最盛となりました。

 かつやまのいも生産組合の綱島孝晴組合長は、ゴールデンウィークから植え付けを始めました。4月下旬からの天候不良でやや植え付け時期がやや遅れました。植え付けは多くの工程があり、「一番の重労働」と綱島さん。

種芋を植える綱島組合長の写真
種芋を植える綱島組合長

「銀沫」は全国でも産地がほとんどないツクネイモの一種で、約20年前から独自に改良を重ねて特産化してきました。粘りが強く、風味と甘味が豊かなこと、すりおろして時間が経っても変色しないことが特徴です。近年メディアに取り上げられることも多く、11月1日の販売開始から、年内いっぱいには売り切れる人気の特産品となりました。

 昨シーズンは、過去最高の収量と販売金額を記録。どらも2018年産の1.5倍となる約14トン、1,800万円の売り上げとなりました。

 綱島組合長は「8月から9月にかけての肥大期に雨が降ったことがよかった」と分析。秀品の収穫量も上がったことから、良い種芋の確保にもつながり、今シーズンへの期待もかかります。今年も11月1日から一斉に販売スタートの予定で、メディアに企画を持ち込むなどして、PRも積極的に行います。

キュウリの写真
ヤマノイモ(銀沫)についてはこちら
 銀白に輝く滝のしぶきのごとし。食べた人に「山の芋の概念が変わる」とも言わせた「銀沫(ぎんしぶき)」。
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ