ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

ショウガ植え付け

植え付けをする同園のメンバーの写真
植え付けをする同園のメンバー
100tの収穫へ

 津山統括本部管内の江原一夫さんのほ場で4月19日、ショウガの植え付けが始まりました。今年は50aの畑に3.2tを植え付けます。

 江原さんは、15人のメンバーで運営している観光農園タンキュウの園長として、ショウガの栽培を始めて9年。ショウガのほかに、水稲、大豆、白ネギ、ニンニクなどを栽培し、地域の担い手として活躍しています。同園では、10月に新ショウガの収穫体験を計画しています。

 同管内では、部会員46 人が約4haで栽培。10月下旬~11月中旬まで、100tの収穫を見込んでいます。

ショウガの写真
管内のショウガ
 9月上旬までに収穫したものが本来の新生姜。10月下旬-11月上旬に収穫する「囲生姜」は年を越してから順次通年出荷しまています。
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ