ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

県産露地桃「はなよめ」早くも出番/倉敷市

 

実物を見て出荷基準を確認する部会員


JA晴れの国岡山玉島北園芸協会桃部会は6月4日、露地栽培桃の本格出荷に合わせ、倉敷市の玉島北ピーチセンターで目ぞろえ会を開きました。部会員やJA関係者ら60人が参加し、出荷基準を確認しました。同センターは、今シーズン500㌧の出荷量を見込んでいます。
同部会は、220戸が100㌶で桃を栽培しています。7日には、例年より1週間早く、県産露地桃で最も早く市場に出回る極早生品種「はなよめ」の出荷を始めます。大阪、岡山、倉敷、福山の市場へ2㌔箱とパック詰などを合わせて出荷します。
目ぞろえ会では、同JA岡山西広域営農経済センターの営農指導員が、病害虫に対する早めの対策や袋掛け時期などを説明。「今季は定期的にかん水があり、実が順調に肥大している」と仕上がりに期待しました。

同JAの露地モモは、6月中旬に早生種「日川白鳳」が出始め、7月中旬に「白鳳」「清水白桃」が最盛期を迎えます。

 

≫JA晴れの国岡山のモモについてはこちら

 

≫オンラインショップはこちら

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
岡山西統括本部 岡山西広域営農経済センター

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510番地1 2F
TEL 086-522-2404(代)
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ