ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

県育成エダマメ初陣 「岡山SYB1号」高い収益性に期待

箱詰めされた「岡山SYB1号」をアピールする織田さんの写真
箱詰めされた「岡山SYB1号」をアピールする織田さん

 勝英統括本部管内で9月18日、県育成のエダマメ新品種「岡山SYB1号」が初出荷を迎えました。多収で秀品率が高い同品種は収益性が高く、出荷が終わる10月上旬からの「作州黒枝豆」とのリレー出荷が可能。生産者の所得向上に期待が高まります。

 同品種は、「作州黒」を親に持つエダマメ専用品種で、特有のもちもちした食感とコク深い味わいを受け継いでいます。

 5aで同品種を栽培する織田俊孝さん(70)は、「作州黒よりサヤ付きがよく収量が多い。茶染みも少なく秀品率が高いので、収穫時の選別作業の省力にもつながっている」と期待を寄せています。

黒大豆の写真
管内の黒大豆
 黒大豆は管内の各地で生産されていますが、勝英地域は全国でも有数の産地の一つとなっており、「作州黒」と名付けています。
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ