ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

山の恵み肉厚で丸々

自然の中でじっくり栽培
シイタケを収穫する清本さんの写真
シイタケを収穫する清本さん

 新見市で原木栽培シイタケが3月から4月にかけてピークを迎え、農家が収穫に励んでいます。

 半世紀以上のベテラン、清本元一さんは、自ら植林してほだ木を調達。大葉厚肉で食味が良い「菌興115」を中心に、ハウスと露地で3,000本を管理します。5月上旬までは主に生シイタケであしん広場に出荷しています。

 清本さんは「自然栽培だから作りやすく、安心して食べられる。生産の仲間が増えてほしい」と目を細めます。

シイタケの写真
管内のシイタケについてはこちら
岡山県北部では、森林資源を生かして原木シイタケの栽培が盛んです。山の中で時間をかけてじっくり育てています。
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ