ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

トマト出荷本番/真庭統括本部

品質の高いトマトの出荷を目指します


岡山県のトマト三大産地の1つ、真庭市でトマトの出荷が本格化しています。JA晴れの国岡山真庭統括本部管内では、23戸が3.8㌶で、耐病性のある「桃太郎」シリーズを栽培。高冷地で朝晩の気温が下がる当地区では、味が濃く美味しいトマトができます。

蒜山トマト部会協議会の石原元治会長は、約40年前、蒜山地区でトマト栽培が始まった当初からトマトを栽培。現在8棟のハウスで桃太郎トマトを栽培します。今年は7月5日から選果場か稼働。石原さんは10日から出荷を始めました。 
JA晴れの国岡山の誕生により、三大産地のびほく、新見と共に「それぞれの産地が切磋琢磨し、情報を共有して収量を上げていきたい」と話す石原会長。同地区でもIターンやUターンなどで新規就農者も増え、「就農者の存在は、産地維持のためにも頼もしい」と期待します。
昨年はステイホームによるお家需要でスーパーなどの売れ行き好調だった時期もありましたが、長引く感染拡大で外食産業の落ち込みによる価格への影響を懸念。「トマトをしっかり食べて夏とコロナを乗り越えて欲しい」と呼びかけます。

≫JA晴れの国岡山のトマトについてはこちら

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
真庭統括本部 真庭広域営農経済センター

〒719-3144 岡山県真庭市落合垂水1064-1
TEL 0867-52-2910
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ