ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

農と食Agri and Food

農業応援隊!晴れびとHarebito

JA晴れの国岡山 つやまアスパラガス部会 小林さんご夫婦の写真

JA晴れの国岡山 つやまアスパラガス部会
鏡野町円宗寺[就農13年目]

小林 治之 さん(62)
   正枝 さん(60)

JA晴れの国岡山 つやまアスパラガス部会
鏡野町円宗寺[就農13年目]
小林 治之 さん(62)、正枝 さん(60)

野菜

いい水・いい土 もみ殼が生きる

 鏡野町でアスパラガスを栽培している小林治之さん、正枝さん夫妻。治之さんが50歳になるタイミングで就農を決意。 実家でナス栽培をしていたため、同じ時期に収穫ができる点や軽量作物で新規就農でも栽培がしやすい点に魅力を感じ、栽培を始めました。 現在はアスパラガス18アール(ハウス3アール、露地15アール)、夏秋ナス(12アール)、水稲(2.6ヘクタール)を手掛けています。
 3月中旬からハウスでの収穫が、4月中旬から露地栽培での春芽の収穫が始まっています。収穫は朝と夕方の2回。「長さや穂先の締まりをよく観察して、採り遅れがないように心がけている」と収穫時の注意点を話します。
 特に気を付けているのは水管理。露地のほ場に太陽光発電の自動かん水設備を設置。「晴天の日には自動で水やりができるような仕組みになっているため、作業の省力化につながっている」と効果を感じています。 ほかにも畝の間に水稲での乾燥調製で出たもみ殻を被せ、有効活用。もみ殻によって保水性が上がり、また草抑えにもなり雑草防止にもつながっています。
 これからの栽培について「いいものを作るため、病気が発生しないように防除の徹底と水やり、年々変わる天候への対策で、収量の増加を目指したい」と目標を語ります。

ハウスの中で育つアスパラガスの写真
アスパラガスのイメージ写真
管内のアスパラガスについてはこちら
 晴れの国の太陽をたっぷり浴びて、色が濃く、栄養豊富で品質も安定したアスパラガスの生産に励んでいます。
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ