ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

SDGs実践へ宣言 企業や団体と連携/第35回岡山県JA大会

JAグループ岡山の将来ビジョンを示す第35回岡山県JA大会

 JA晴れの国岡山は、第35回岡山県JA大会(11月30日・岡山市)で、JAグループとして10年後に目指す姿や今後3年間の方向性を確認しました。持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた「取り組み宣言」も採択。組合員に理念を浸透させ、県内の企業や団体との連携を深めるとともに、取り組みを広く発信していくことを申し合わせました。


 大会にはJA代表者ら約200人が出席。①持続可能で、強く元気な岡山県農業の実現②豊かで元気な地域社会の実現③「食」と「農」を基軸とした地域に根ざした「協同組合」の役割発揮の3つを柱に設定。組合員との対話を通じた不断の自己改革に取り組み、「農業所得の増大と農業生産の確立」「持続可能な地域・組織・事業基盤の確立」などの目標の達成を目指します。


 当JAの石我均代表理事組合長は「総合事業の展開や行政との連携などによる地域インフラの維持、地域の活性化に貢献していく」と決意を述べました。

推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ