ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

高校生が「ぱぷ丸」普及に貢献/真庭高校

 

「ぱぷ丸」をPRする生徒

 

真庭市で栽培するフルーツパプリカ「ぱぷ丸」の栽培推進に真庭高校久世校地が大きく貢献しています。
「ぱぷ丸」は同市とJA晴れの国岡山真庭統括本部が2018年から小規模農家支援事業の一環で栽培を広めています。

地元の農業高校である同校は2019年から苗の育苗などで協力。知名度アップの取り組みにも力を入れています。

同校はイベントでの試食やJA直売所「きらめきの里」でのアンケート、飲食店での聞き取りなど力を入れてきました。今年は生物生産科の1年生が育苗し、農業経営の授業を選択した生徒9人が栽培実践・普及に携わります。露地、雨よけ、ハウスで各30本栽培し、生育を比較。PRに反映させるため、他メーカーのミニパプリカも育てています。

収穫した実は、市内の小学校や子ども園の給食へ提供するほか、同校の「ふれあい市」で販売する予定です。 

 
導入当初「ぱぷ丸」の食べ方を知らない人も多く、直売所でも手に取る人は多くありませんでした。食べ方を広めることで、販売に反映させようと、食品科学科と協力して食べ方の開発にも取り組みます。「ぱぷ丸が大好き」という同科の3年生は「ぱぷ丸の甘味と色合いを活かせる料理法を考えるのは難しい」と試行錯誤を繰り返します。出来上がったレシピは直売所で行う知名度調査の際、「ぱぷ丸」と配布する予定です。
当初40戸だった栽培農家は今年度70戸にまで増えました。地元農家も「高校生が協力してくれるようになってぱぷ丸の売り上げがグンと上がった」と評価します。JAでは今後も同校と協力することで地域との関係を深め、活性化や農家の所得向上を目指していきます。

 

「ぱぷ丸」食べてみてね!
ぱぷ丸の肉詰め。チーズも入って食べごたえ抜群
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
真庭統括本部 真庭広域営農経済センター

〒719-3144 岡山県真庭市落合垂水1064-1
TEL 0867-52-2910
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ