ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

「ぱぷ丸」生産者拡大/真庭市

 

栽培暦を見ながら講習を受ける参加者

 

JA晴れの国岡山真庭統括本部ではフルーツパプリカ「ぱぷ丸」の栽培講習会を、5月13日に真庭落合支店2階で初めて開きました。
直売所をメインに出荷する小規模農家の支援を目的に、直売所の新たな目玉商品を作ろうと4年前から真庭市などと協力。国産が少なく、他産地と競合しにくいこと、極早生品種で多収であることなどから「ぱぷ丸」の導入を決め、2018年から試験栽培を行ってきました。

2021年度は広報誌に栽培者募集のチラシを折り込むなどして生産者を募集。北部地域から南部地域まで栽培地域も広がり、生産者も増えました。今シーズンは真庭市内や大阪などの直売所に出荷する70戸が栽培します。
日持ちが良く、種が少なくヘタが小さいため調理がしやすいこと、大型のパプリカと比べて1袋で黄、赤、オレンジの3色が低価格で揃うなど調理の無駄が省けるため、食品ロスの削減にも期待します。
昨年から栽培暦を作成し、同市とJAが委嘱する「まにわ園芸相談員」が栽培を指導してきましたが、生産者の拡大を受け、栽培技術を下支えをし、将来的に地域を代表する特産物にしていこうと今回初めて講習会を企画しました。今後は市場出荷も視野に入れます。
地元の農業高校、真庭高校生物生産課とも協力し、栽培技術の確立や普及にも努めてきました。今後もメディアに情報提供するなど、知名度のアップや普及活動にも力を入れていきます。
試験栽培を始めた当初から栽培する中山さんは、「今年は30本栽培する。認知度が上がり、直売所でも年々売れ行きがよくなってきた。梅雨の時期などが病気になりやすく大変だったが、今回の講習会で農薬について聞くことができよかった」と話しました。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
真庭統括本部 真庭広域営農経済センター

〒719-3144 岡山県真庭市落合垂水1064-1
TEL 0867-52-2910
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ