ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

市場から高評価 トレビス出荷/浅口市

「癖になる苦みを味わって欲しい」とPRする西山部会長

 

JA晴れの国岡山浅口トレビス部会は5月24日、浅口市で特産トレビスの出荷を始めました。

部会員やJA関係者が、色や大きさ、傷などを確認し、初日には324㌔を首都圏の市場に出荷しました。7月まで3㌧の出荷を見込んでいます。
トレビスは日持ちが良く、鮮やかな赤紫色でサラダなどの彩り野菜として人気です。キャベツとレタスの中間の食感と、ほろ苦さで需要が高まっています。
同部会は、県内唯一の産地として16人が1.7㌶で栽培。年2作で春作は5月下旬~6月末まで収穫します。

厳しい出荷基準を設け、鮮やかな色、締りの良さで首都圏の市場関係者からは「日本一の品質」と高い評価を得ています。出荷直前まで冷蔵庫内で24時間以上、5度で保冷して鮮度を保つなど品質にこだわります。
西山茂部会長は「先人から受け継いだ栽培技術で、産地を維持拡大していきたい」と話しています。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
岡山西統括本部 岡山西広域営農経済センター

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510番地1 2F
TEL 086-522-2404(代)
推し名物まつりの会場へ 元気玄米 注文受付中へ ページの先頭へ