ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

毎月15日は「Happy Rice う米 day」

「Happy Rice う米 Day」をPRする職員

 

JA晴れの国岡山は、毎月15日を“いいこめの日”「Happy Rice う米 day」と定め、米の消費拡大と地産地消の推進に力を入れています。この春旗上げした「元気玄米宣言」の一環で、晴れの国岡山のおいしい米を、家庭向けに玄米や精米を独自に製品化し、多彩なPR活動を展開します。J直売所や地元のスーパーとも連携して売り場を確保し、販売の拡大を進めていきます。


新型コロナウィルス禍の巣ごもり需要を追い風に、米の消費を喚起しようと、特別な日を設けました。家庭で食べる米の量を1日に1杯、1食でも増やし、家族みんなが元気に笑顔になってほしいとの思いを込めています。

直売所やオンラインショップでの特価販売の他、玄米の炊き方や栄養価、レシピを伝えるリーフレットの配布、元気玄米のお試しパック進呈などを通じて、管内で栽培される新鮮で安全安心おいしい米の認知度を高めます。
併せて5年連続で食味ランキング最高クラスの「特A」を獲得した「きぬむすめ」をJAで精米加工し、新たなパッケージと価格で売り出します。

初回の5月15日にはJAの直売所「百菜市場和気店」に特設コーナーを設置。”いいこめ(15)”の語呂合わせで、限定150袋の「きぬむすめ」を特別価格で販売しました。購入者は「食べるのが楽しみ。娘や孫にも送りたい」と離れて暮らす家族用に何袋も買う人もおり、好評となりました。
6月には倉敷市のスーパー(イオンモール倉敷)で出張販売を予定しています。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 営農部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1837
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ