ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

「びほくのシャクヤク」最盛/びほく統括本部

手際よく収穫を進める中尾さん

 

びほく統括本部管内名産のシャクヤクが最盛期を迎えています。JA選果場には日量200箱(1箱50本入り)がずらりと並びます。JAの選果員が草丈や蕾の大きさ、病虫害などを確認。主に大阪市場や岡山市場へ、今月下旬まで約9万本を出荷します。

同管内は、びほく花木生産部会45人が赤系「華燭の典」や白系「ラテンドレス」を中心に1.8㌶で栽培する、中国地方最大の産地です。

部会員の高梁市宇治町の中尾さん夫妻も約10㌃で「華燭の典」を栽培します。標高約420㍍の斜面に植えられたシャクヤクを両親から受け継ぎ、面積を広げてきました。今年は多少霜の被害があったものの順調に生育。草丈50㌢以上に伸びたシャクヤクを手際よく収穫し、「早生から晩生品種までさまざまな色を楽しんで、家に彩りを添えてほしい」とPR。

出荷が昨年に比べ1週間程度前進したことで「母の日」に照準が合わせられました。JA担当者は「贈り物以外でも日常生活に花を取り入れ、季節を感じてほしい。それが農家の応援につながる」と花のある生活を提案します。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
びほく統括本部 びほく広域営農経済センター

〒716-0045 岡山県高梁市中原町1383
TEL 0866-22-4553
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ