ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

ユズ増収へ管理強化/井原市

生産者からの質問に答えながらの講習

 

県内有数のユズ生産量を誇るJA晴れの国岡山柚子部会は3月24日、井原市芳井町でユズの現地栽培講習会を開きました。部会員やJA関係者ら約20人が園地を訪れ、栽培を学びました。
2020年度は部会員78人が、過去5年間で最も多い58.5㌧を生産。かんきつ類は多収量の翌年は収量が減る傾向にあります。井笠農業普及指導センターは「弱せん定で花芽を確保し、春肥の施用で樹勢強化を図るなど、収量確保のための管理が必要」と説明しました。生産者は、実際に残す枝とせん定する枝の見分け方など、次年度の高品質生産に向けて活発に質問を投げかけました。
同部会はウッドチップ製造機を導入するなど、新たな取り組みも計画。橋本部会長は「枯木やせん定後の木を有効活用してチップと堆肥を混ぜて施すなど、より高品質なユズ生産につなげたい」と意欲を見せます。
ユズ栽培は遊休農地活用で荒れ地を防ぐだけでなく、収穫期が11月で、農閑期の収入源として期待されます。20年度は4人の部会員が新たにユズ栽培に取り組みます。

 

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
岡山西統括本部 岡山西広域営農経済センター

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510番地1 2F
TEL 086-522-2404(代)
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ