ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

獣害被害にめげず協力して収穫 あぐりにこにこスクール

きれに咲きそろった「新見プレミアムリンドウ」に笑顔を浮かべる黒笹さん夫妻の写真
ラッカセイを収穫するスクール生
撮影場所:真庭市

  JA晴れの国岡山真庭統括本部は10月17日、真庭市であぐりにこにこスクールの今年度4回目の授業を行いました。同スクールは食農教育の一環として、食と農、命の大切さを学んでもらおうと始め、今年で14年目。
 今回は実りの秋を迎え、5月の開校式で植えたサツマイモとラッカセイの収穫を行いました。落合教室では生憎の雨模様となり、室内で職員が用意した野菜のビンゴゲームなどを行い、雨が止んでから畑で収穫前のラッカセイの様子などを見学しました。
 蒜山教室では、雨上がりの畑で子供たちが収穫を楽しみました。サツマイモは猪の被害を大きく受け、収穫は例年の1/10以下になり、自然と共存する農業の難しさを学びました。「ラッカセイの収穫は初めて」という子も多く、株が張った樹を引き抜くのに四苦八苦しながらも、友達と協力しながら泥だらけで作業を進めました。
 収穫したサツマイモとラッカセイは全員で分けて持ち帰りました。次回12月に閉校式を行います。

推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ