ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

「ピオーネ」できるまで体験 ジベ処理から箱詰めまで

「ピオーネ」を袋詰めする児童の写真
「ピオーネ」を袋詰めする児童

 新見市立草間台小学校3・4年生14人が9月下旬、阿新ぶどう部会の武岡裕和さん(54)の協力で、特産「ピオーネ」の収穫・選別・箱詰めを体験しました。ジベレリン処理、袋掛けの作業などシーズンを通して学び、成長過程を見守ってきました。

 児童は「作り方を教えてもらったので、家でも手伝いたい」とし、武岡さんも「将来、農業が仕事のひとつの選択肢となるよう、体験を記憶に留めてもらいたい」と話しました。

推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ