ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

キャベツ栽培拡大 契約出荷、法人参入増加も 岡山県真庭市南北リレー出荷

キャベツを収穫する生産者
キャベツの収穫を行う入澤さん(真庭市で)

  岡山県真庭市でキャベツの作付けが広がっています。今シーズンは蒜山地区で春キャベツが23ヘクタールと5年前から約5ヘクタール増えました。同市南部の落合地区は冬場の品目として、昨年の2倍以上の1・5ヘクタールで栽培。同市を管内に持つJA晴れの国岡山真庭統括本部は北部から南部のリレー出荷で、農家の所得向上を目指します。
 蒜山地区ではJA全農おかやまとの加工用キャベツの契約出荷が増えたことや、法人の参入などが拡大につながりました。
 蒜山キャベツ部会協議会の会長で、全農おかやまとの契約出荷で約3ヘクタールを栽培するグリーンフィットの入澤靖昭さん(42)。積雪の多い同地区では、10月下旬から、翌年6月に出荷する春キャベツの苗を定植し、寒風に弱い苗を雪の下で越冬させます。6月に出荷が始まる「ひるぜん大根」と併せて、高原の気候と土で育つ品目として市場評価が高まっています。
 同市南部の落合地区では、昨年からキャベツの契約出荷の試験に取り組んでおり、当JAは北部から南部のキャベツでリレー出荷を狙います。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ