国消国産 ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

旬の特産物ドレッシング第一弾「旬感ドレッシング 抜きたて連島ごぼう」販売スタート!

旬をむかえた「連島ごほう」と新発売のドレッシングをPR

JA晴れの国岡山は、旬の特産品を原材料としたオリジナルドレッシングを開発。今年度、時期折々に様々な特産品を使用し、シリーズ化していく計画です。
第1弾は、旬を迎えた「連島ごぼう」を使用した「こだわり旬感ドレッシング抜きたて連島ごぼう」。産地では毎年5月10日を「ごぼうの日」と称し、旬を迎えた「連島ごぼう」をPRしており、それに合わせ市場など関係者に向けに同ドレッシングを披露しました。

素材の特徴を生かすため、新鮮なゴボウを加工し、添加物を一切使用していません。JA選果場に出荷されたゴボウをJA自車で加工場に持ち込み、その日のうちに乾燥処理。翌日にはパウダーに加工して、最速でその夕方には製品になります。1本ずつ丁寧に手作りするこだわりの逸品です。

味付けも試行錯誤を繰り返し、 クリーミーながらも、サッパリとした味わい、「連島ごぼう」の持ち味をいかした上品な風味に仕上げました。サラダだけでなく煮物、パスタなど色々なものに利用でき、特にゴボウサラダに最適で、野菜の消費拡大にも期待します。内容量200ml、発売記念価格480円税込(定価550円)で、同JAの主な直売所やオンラインショップなどで販売します。
JAは「市場出荷に不向きなものを有効活用することで、農家所得の下支えを目指している。旬のドレッシングを通じて一層野菜の消費も拡大したい」と意気込みます。

栽培する東部出荷組合の三宅晴夫組合長は「ブランドのさらなる確立と、手軽に『連島ごぼう』のおいしさを知ってもらうためにも、このドレッシングが食卓に溶け込めば」と期待を寄せます。
JAでは6月に県産新タマネギ、7月に「桃太郎トマト」、秋にはユズを使った特産ドレッシングの発売を計画しています。

 

≫JA晴れの国岡山のオンラインショップで購入される場合はこちら

≫「連島ごぼう」についてはこちら

 

推し名物まつりの会場へ 広報誌プレゼント応募フォームへ ページの先頭へ