国消国産 ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

推し名物まつり

更新日

推し名物まつり第37回 『手作り味噌』農畜産物直売所「晴れのち晴れ」

 

 のどかな田園風景が広がる総社市清音。この地域では、昔から各家庭でそれぞれ自家栽培した米や豆を使ってみそづくりをしていました。清音味噌加工クラブでも、40年以上前から継承。現在も昔ながらの製法で手間ひまかけて手づくりしています。素材にもこだわり、使用するのは清音産の朝日米と大豆、ミネラルを豊富に含んだ備前岡山のほん塩。米を一晩水に浸けてから蒸し、麹づくりから仕上げまで4日間かけ、そこから最低6カ月は熟成させます。まろやかな味わいの中に、素材のうま味や甘みがしっかり感じられる味に仕上がるのだそう。風味豊かで、きめ細かくなめらかな食感も特長です。2011年に販売を始めて以来、地域の人に愛され続けています。みそ汁はもちろん、ユズみそにして冷奴にかけたり、焼肉のタレに加えたりと、さまざまな料理のアレンジにもおすすめ!通常冷蔵で、長期保存する場合は冷凍で保存してください。

無添加で
体に優しい
手づくりです!

 

≫旬感広場「晴れのち晴れ」についてはこちら

 

たくさんの「推し」をいただき、誠にありがとうございました!
お寄せいただいた応援コメントをいくつかご紹介します!
倉敷市(40代)
麹づくりから手間ひまかけて手づくりしていることを知り感動しました。
浅口市(30代)
ぜひ手づくり味噌をつかってさまざまな料理をつくりたいです。
新見市(30代)
昔、祖母が味噌を手づくりしていたことを思い出しました。なつかしいです。
津山市(60代)
昔ながらの味噌づくりをぜひ次世代へつなげてください。応援しています。
真庭市(60以上)
無添加なので、安全安心ですね。これからも元気で味噌づくりを頑張ってください。
推し名物まつりの会場へ 広報誌プレゼント応募フォームへ ページの先頭へ