ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

夏の風物詩「けんびき焼き」

部員が集まり調理法を伝える様子の写真
部員が集まり調理法を伝える
けんびき焼きの写真

 岡山県新見市のカルスト台地で夏の風物詩として、JA晴れの国岡山新見女性部が「けんびき焼き」を伝承しています。

 「けんびき」とは、肩こり症のこと。「けんびき焼き」は、練った小麦粉又は、米粉の中に餡を入れて、みょうがの 葉っぱで包んで焼いたシンプルなおやつです。

 田植え終わりの梅雨明けを待つ旧暦の6月1日を「ロッカッシテェ」「ロッカッヒテェ」と言って、どの農家でも仕事休めとして食べられていました。麦の取り入れから、農繁期つづきの農作業のつかれを癒す「代みて」(しろみて)のおやつとして各家庭で作られています。

 同JA新見女性部長の三吉孝美さんは「みょうがの葉は焼くと爽やかな香りがするのが特徴で、昔から各家庭で親しまれてきた。出来上がったけんびき焼きは、同JAのイベントや直売所で販売しているが、懐かしの味として好評で、これからも伝統を守っていきたい。また、食と農を守る取り組み、農と暮らしを支える活動の輪を広げ、くらしの視点に立ち仲間づくり活動を広げていきたい」と話しています。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ