ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

真備のタケノコ最盛期

掘ったタケノコを確認する蛭田組合長の写真
掘ったタケノコを確認する蛭田組合長
あくが少ない春の味覚

 県内有数の産地、倉敷市真備町でタケノコの出荷が最盛期を迎えています。マキビ選果場に持ち込まれた朝採れのタケノコは、JA職員が形や傷などを確認した後、2㎏ずつ箱詰めして県内や広島、東京の市場に5月上旬まで出荷します。

 真備筍生産組合の蛭田純司組合長は「粘土質の土で育ち、柔らかくてあくが少ないのが特徴。今が一番おいしい時期なのでぜひ味わってほしい」と呼びかけました。

タケノコの写真
管内のタケノコ
 タケノコの味は土で決まるといわれます。真備の土は極上のタケノコを育てるのに最も適した粘土質の赤土です。
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ