ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

役員がおじゃまします『「農業を元気に」「農家を元気に」「地域を元気に」』

代表理事副組合長 三木 恭次( みき けいじ)
生姜ハウス部会の藤田和義部会長(左)の畑を訪問。
爽やかな香りの「新ショウガ」は玉太りも良く最高の出来。
 倉敷市のショウガ産地を訪問し、収穫を体験しました。スコップで土をかきわけ、株ごと引き抜くのは想像した以上に力のいる作業です。やわらかな土づくりで負担を軽減するなど、日々作物に向き合い、きめ細かく栽培管理する苦労や熱意を感じました。
 私たちが目指すものは、岡山の「農業を元気に」「農家を元気に」「地域を元気に」することです。地域の多様な農業を認識し、安心して営農できる基盤を強化するため、新たな農業振興計画を策定しました。柱の一つには「地域の農業振興なくして、JAの存在意義なし」を掲げ、地域農業の維持と存続、発展にこれまで以上に力を入れて取り組んでまいります。
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ