ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

児童らがモモの袋かけに挑戦/岡山東モモ部会瀬戸支部

 

モモの袋かけに挑戦する児童

JA晴れの国岡山の岡山東モモ部会瀬戸支部は5月24日、岡山市立千種小学校の3年生27人にモモの袋掛け作業の授業をしました。品種は「千種白鳳」で、同小学校の裏山で発見されました。大きいものは350㌘にもなる大玉で、甘さが特徴です。
岡山市東区の園地で、同支部員が「傷がないものを選んで」など実の選び方や袋のかけ方を説明。児童は、4㌢ほどの大きさの実に自分の名前を書いた袋をかけました。「実の選び方も袋を留めるのも難しかった」「袋掛けをしてみて袋の形の意味が分かった」と話し収穫に期待を膨らませした。
授業は総合的な学習の一環で、地元特産品を知ってもらいたいと実施。新型コロナウイルス禍で3年ぶりに再開しました。。延澤強哉部長は「モモづくりに大切な作業だと伝えていきたい」と話しています。7月に収穫する予定です。

 

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
岡山東統括本部 岡山東広域営農経済センター

〒709-0876 岡山県岡山市東区瀬戸町光明谷195
TEL 086-908-0614(販売課・総合指導課)
086-908-0613(購買課)
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ