ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

春芽最盛期に向け出荷基準を再確認/びほくアスパラガス部会

 

選別基準を確認する生産者ら

JA晴れの国岡山びほく統括本部のびほく地域アスパラガス生産部会は4月25日、高梁市で目ぞろい会と講習会を開き、出荷基準を再確認しました。春芽の最盛期に向け、部会員やJA関係者ら20人が、出荷したアスパラガスを見ながら、穂先の曲がりや傷、太さなどについて申し合わせました。

講習会では、備北広域農業普及指導センター担当者が病虫害の早期防除や立茎時期などを、JA担当者が収穫・出荷方法などを伝えました。部会関係者は「消費者目線で選果し、求められるアスパラガスを安定的に供給していきたい」と話しました。
露地栽培のアスパラガスは昨年並みの4月14日から出荷を始めました。春先の寒さや少雨の影響でやや遅めで推移していましたが、初出荷以降、好天に恵まれ順調に出荷量を伸ばしています。最盛期は5月ゴールデンウイーク頃になる見込みで、岡山市場へ出荷します。
同部会は、新規作付推進や栽培技術向上にも力を入れています。今季初めて出荷する部会員は「JAの勧めで作付けした。ブドウや大豆などとの複合経営やのひとつの柱となるよう、良質なアスパラガスを出荷していきたい」と力を込めました。

 

≫JA晴れの国岡山のアスパラガスについてはこちら

≫R4.5月末まで「アスパラガスの友達は誰だ?キャンペーン」展開中!

 

 

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
びほく統括本部 びほく広域営農経済センター

〒716-0045 岡山県高梁市中原町1383
TEL 0866-22-4553
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ