ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

「うめぇトマト」めざす/びほくトマト部会

感謝状を受け取った仲山さん

 

JA晴れの国岡山びほくトマト部会は3月25日、高梁市で第18回通常総会を開きました。来年度は販売金額4億800万円、数量1200トン、10㌃当たり収量11㌧以上の確保を目標に設定。篤農家の技術を共有しながら、就農5年未満の農家を重点指導するなど産地の底上げを図り、「やりがいとゆとりある、うめぇトマトづくり」を目指します。

部会員と関係者ら60人が、来年度事業計画や収支予算案などを協議しました。本年度は6月23日の初出荷から、12月3日まで関西や岡山市場を中心に出荷。天候不順で後半に収量が伸び悩んだこともあり、目標をやや下回る販売金額3億3682万円、販売数量1031㌧となりました。

来年度は、他産地との連携も視野に、新たなPR方法も積極的に取り入れ「びほく天空の実り鬼退治桃太郎トマト」の販売戦略を講じていきます。

藤井包温部会長は「産地力の強化と、栽培の高位平準化が将来的にも自他ともに認められる産地の鍵となる」を力強く呼びかけました。

総会では成績成績優秀農家を表彰。最優秀賞には、10㌃当たり12㌧、1株当たり収穫個数換算44.2個と好成績だった藤井部会長を選びました。表彰者8人のうち、就農5年以内の若手農家が3人と、産地の担い手として大きな期待がかかります。
また2009年から6期12年間、県内トップ産地の育成に尽力した仲山潔俊さんへ感謝状を贈りました。

 

≫JA晴れの国岡山のトマトについてはこちら

 

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
びほく統括本部 びほく広域営農経済センター

〒716-0045 岡山県高梁市中原町1383
TEL 0866-22-4553
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ