ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

主食用うるち米に支援金1.1億円

 

米価下落の影響にふれ、農家組合員に寄り添う姿勢を強調する石我組合長

JA晴れの国岡山は、2021年産の主食用うるち米の出荷者1万1,926人を対象に60㌔300円の支援金を振り込みました。総額1億1,551万円でJAが独自に助成。米価の大幅下落で影響を受ける出荷販売農家の経営を支援し、生産意欲を喚起します。早期の全量販売と消費拡大にも取り組み、最終精算で追加金の支払いに努めます。
21年産米は全体で約50万俵(1俵60㌔)を集荷。新型コロナウイルス禍で業務用を中心とした需要減退に加え、全国的な需給緩和による厳しい販売環境が続き、経営継続を断念する大型農家も出ていました。
支援金は、今春の作付け継続に役立てもらう対策として実施。JA集荷分の主食用うるち米全銘柄の38万5,000俵を対象に、1等概算金の前年産との差額の1割相当を基準に助成金額を設定しました。最終的には出荷奨励金の他、販売メリットから経費を差し引いた追加金も視野に農家手取りの上乗せを目指します。
JAは総代らとの意見交換を目的とする運営委員会でも米価下落の影響に配慮。対話を通じて農家組合員に寄り添う姿勢をあらためて強調しました。

石我均組合長は「持続可能な農業を実現し、地域になくてはならない組織であり続けるため、農家組合員に寄り添い改革を進めていく」と述べました。



このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 営農部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1837
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ