ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

おひなまつりに桃について学ぼう/高梁市

 

桃の花とパネルに喜ぶ園児

JA晴れの国岡山びほく桃部会はひな祭りに合わせ3月2日、高梁市内の幼稚園・保育園・認定こども園、全15園に桃の花と白桃の栽培方法を記したパネルを渡し、産地をPRしました。次世代を担う園児に、子どもの頃から桃に親しんでもらおうと取り組みを始め、今年で7回目を迎えます。
今回は一歩踏み込んで白桃の栽培についても理解を深めてもらおうと、JA全農おかやまの協力でパネルを渡しました。「岡山の桃ができるまで」と題したパネルには、開花・人工授粉・摘蕾など選果・箱詰めまでを掲載しました。
剪定した枝を部会員が持ち寄り、1か月間開花調整した花を届けます。受け取った園では「四季を感じるだけでなく、食材の成り立ちについて学べるのは園児や保護者にとって大切なこと」と喜びました。
同部会では、75人が清水白桃・紅清水・おかやま夢白桃などの品種を中心に、約13㌶で栽培しています。

 

≫JA晴れの国岡山の桃についてはこちら

 

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
びほく統括本部 びほく広域営農経済センター

〒716-0045 岡山県高梁市中原町1383
TEL 0866-22-4553
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ