ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

冬の所得向上に契約キャベツ拡大/真庭統括本部

キャベツを収穫する妹尾農場のスタッフ

 

JA晴れの国岡山真庭統括本部で、契約キャベツの栽培が拡大しています。真庭市南部で冬の所得向上につなげようと、栽培が盛んなブドウ・夏秋ナスなどと組み合わせて栽培できる冬取りキャベツを導入。3年前から試験栽培し、2020年度から生産者を広く募り、面積拡大につなげています。

今年度も広報誌にチラシを入れるなどして周知。認知度を高め、品質管理を徹底しながら作付けを増やしています。


契約キャベツは、市場に左右されない価格や、出荷にかかる箱資材などが不要で、省力化、経費の節減につながるなど多くの利点があります。主にカット野菜や冷凍食品用、飲食店などで利用されます。核家族や共働きが増えrなどカット野菜などの需要が高まる傾向も後押しし、県内でも生産量が増えています。
50年以上栽培が続く、同市蒜山地域では、夏から秋にかけてキャベツを出荷します。栽培が広がり、本年度は蒜山地域で18戸約20㌶のうち、14戸が10㌶を契約栽培します。南部地域でも昨年の1.8㌶から2.7㌶に拡大。管内全域で産地化が進んでいます。

 

キャベツ約1㌶を栽培する、妹尾農場の妹尾活明さんは、試験栽培を始めた3年前から栽培。今シーズンは昨年12月中旬から出荷を始めました。9、10月に降雨が少なかったためやや小ぶりですが、寒さに当たり、非常に甘く美味しく仕上がりました。
妹尾さんは「キャベツは作りやすく収量が取れるのが良い。来シーズンは畑をローテーションし、品質を向上させたい」と意欲を見せます。
同統括本部は6月から翌年3月まで切れ目ないリレー出荷を目指しており、来シーズンには南部地域で蒜山地域の収穫が終わる11月からの出荷を見据え、栽培指導を図っていきます。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
真庭統括本部 真庭広域営農経済センター

〒719-3144 岡山県真庭市落合垂水1064-1
TEL 0867-52-2910
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ