ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

新着情報

更新日

2022年 年頭の挨拶

農家支える
盤石基盤の確立に向け
石我組合長の写真
新年互礼会で決意を述べる石我組合長
 謹んで新春のお慶びを申し上げます。  皆さまにおかれましては、ご家族お揃いで輝かしい令和4年の新年をご健勝で迎えられたことと心よりお慶び申し上げます。旧年中は、JAの事業および運営に対しまして格段のご理解・ご協力を賜わりまして厚く御礼申し上げます。
 昨年はコロナ禍の中、外食需要の低下などにより、米をはじめ農畜産物の価格が低迷し、組合員・農家の皆さまにおかれましては、大変ご苦労のあった年と思います。特に米につきましては、JAグループが一体となって政府与党に対して米価対策を積極的に要求し、余剰米の在庫調整により市場流通量を抑制する施策を講じることとしています。当組合では、准組合員(5万人)を中心に農業を応援してもらい、生産者と消費者の双方に元気を届けようと、「元気玄米」として消費を呼び掛け、半年間で30kg玄米9,000袋を新たに販売しました。併せて自家施設で生産から販売まで一貫して手掛ける「農協精米」も発売し、直売所やオンラインショップで直接販売し、農家所得の増大に努めています。
 本年は、合併して3年目を迎えます。
合併による効果をいかんなく発揮しなければならない年であります。このため、農協改革の着実な実践は、本年も継続して行ってまいります
 特に、農業所得向上対策の目標設定や中長期の収支見通しおよび准組合員の意思反映と事業利用方針の三つは本年の通常総代会で決定することとしており、これを受けてさらなる改革に取り組んでいかなければなりません。皆さまのご支援・ご協力を賜わりますようお願い申し上げます。組合員皆さまのご多幸をお祈り申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ