ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

農業経営事業を強化・水田引き受けエリアを拡大

ドローンを活用した防除作業を演習

 

JA晴れの国岡山は、農業振興で地域から真に必要とされるJAを目指し、農業経営事業を強化しています。耕作放棄地が増え、地域の担い手だけでは守れない水田を、JAが引き受ける地域を拡大。2021年度は子会社の運営をJAが受け継ぎ、倉敷市と新見市で、約45㌶の米の生産・加工・販売を担い、地域農業に貢献します。
8JAが合併し、農業振興計画に「地域の農業振興なくしてJAの存在意義なし」と方針を定めました。初年度の通常総代会で規程の承認を受け、農業を本業に位置付けました。

倉敷市ではJA出資型法人の(株)岡山西アグリサポートの事業を引き継ぎました。岡山西統括本部のくらしき東アグリセンターに実施部署と職員5人を配置。20㌶で水稲の晩生品種「アケボノ」を栽培。交付金活用による飼料用米の生産の他、直播栽培やドローン(小型無人飛行機)による病害虫の防除などのスマート農業の導入で、生産の効率化や低コスト化を進めます。


8月4日にはドローンの本格運用を前に、施肥や防除の空中からの作業を演習しました。慣行防除は、乗用管理機で稲をまたいで液剤を散布。ほ場が各地に200枚以上に分散しているため、機械の回送から散布にかかる時間短縮が課題でした。ドローン活用によって20㌶の防除作業を半分の4日間で済ませられる計画です。担当者は「いもち病や紋枯病、ウンカ類を適期に防除し、品質と収量の向上につなげたい」と効果を見込んでします。
石我均組合長は「農業経営を事業に位置付けることで、地域とともに農業を守っていくJAの姿勢を示した。組合員が安心して農業を続けられるよう事業を軌道に乗せたい」と展望します。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 営農部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1837
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ