ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

特産「連島ゴボウ」学ぶ出前授業/倉敷市

 

スライドや動画で特産について学ぶ児童


JA晴れの国岡山倉敷アグリセンターは7月13日、倉敷市立連島東小学校3年生児童43人を対象に、特産「連島ごぼう」の出張授業を行いました。

JA職員や備南広域農業普及指導センター担当者が、栽培方法や産地概要などを説明。児童らはクイズ形式の質問にも元気よく答え、熱心にメモを取っっていました。
例年は収穫を体験していましたが、コロナ禍の影響で中止。体験の代わりに学びを深めてもらおうと、種まきから収穫までをスライドや動画で説明。トレンチャーが地面を深く掘る作業動画に児童からは歓声が上がり、見入ってていました。
同校を対象に5年以上同続く出前授業。JA担当者は「特産を学ぶことで、地元に全国に誇れる食材があると知り、食と農の結びつきを実感してほしい」と話します。児童からは「楽しく特産のことがわかった」と笑顔がこぼれました。

このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
倉敷かさや統括本部
倉敷かさや広域営農経済センター

〒710-0807 岡山県倉敷市西阿知町1040-5
TEL 086-460-4615
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ