ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

農と食Agri and Food

農業応援隊!晴れびとHarebito

粗飼料には地元の稲ワラを中心に与える写真

勝英統括本部
勝英肥育部
部会長 國富 美喜男 さん(59)(※写真手前)

勝英統括本部
勝英肥育部
部会長 國富 美喜男 さん(59)(※写真手前)

畜産

なぎビーフ®上物96% GAP通じ安定生産へ

「なぎビーフ®」の生産振興に一丸で取り組む國富部長らメンバー

 勝英肥育部は、「なぎビーフ®」の安定生産に向けて情報や技術を共有し、成果を挙げています。奈義町内の5つの指定農場が農業生産工程管理(GAP)を通じて生産技術の高位平準化や持続可能な生産を実現。全ての農場に後継者が揃っていることで大きな力となり、昨年度は柱となる黒毛和種で631頭を出荷し、肉質等級4以上の上物率96%を達成しました。今年度はJ-GAP※の取得を目指しています。
 拠点施設は同肥育部の部員で共同運営する伍協牧場です。繁殖・肥育の一貫経営を強みに、各指定農場から集まる枝肉成績を交配や種付けに反映。30 〜40代の後継者が哺育から育成・肥育までを手掛けながら経験を重ね、経営のノウハウや感覚も磨くなど、技術を高め合う場になっています。

 産地で統一して取り組むのが飼料へのこだわりです。管内の耕種農家と連携し、粗飼料には地元で収集した稲ワラを中心に使います。また、牛のストレスを解消し、肉の風味が増すと考え、肥育の仕上げ期には特産の黒大豆「作州黒®」のきな粉を与えています。餌の分量や健康状態などを細やかに管理するほか、ビタミンAコントロールのため血液検査も定期的に実施しています。
 今年度から部長を務める國富美喜男さん(59)は、1頭1頭と真剣に向き合う信念を貫きます。手を掛けただけ自分に返ってくるところがやりがいといい、「楽しく働く背中を見せることで後継者が育つ。繁殖・肥育の技術や改良成果を包み隠さず、仲間と共有できる関係を通じて、枝肉のさらなるレベルアップを目指したい」と高い志を抱きます。

※J-GAPとは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる日本版の認証。農場やJAなどの生産団体が活用する農場・団体管理の基準を定める。
牛肉の写真
なぎビーフ
 那岐山から後山に連なる中国山地の、勝英地域は昔から畜産が盛んです。穏やかな気候と肥沃な緑の大地に囲まれて、畜産農家はきめ細かな思いやりと技術で、優れた畜産物を美味しさタップリに作り上げます。
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
推し名物まつりの会場へ ページの先頭へ