ワクワクする農業と地域の未来を JA晴れの国岡山

お知らせNEWS

トピックス

更新日

リンドウ規格外品を活用して

原料と花弁を取っているところ
染料に絹布をつけているところ

 新見統括本部新見花卉部会は、「りんどう染め」で地域特産の切り花、リンドウの魅力を伝えようと新見市内で体験教室を開きました。

 「りんどう染め」は、出荷規格外品の有効活用につなげようと同部会が研究を重ねてきたもので花弁から紫やピンクの染料を取り出しシルクを染める方法。染める度に色が変化し、同じように染めても同じ色に染まらないところに面白さがあり魅力となっています。

仕上がった絹布を陰干しにしているところ

 この日の体験教室には一般公募で約20名が集まり、同部会 菊・洋花生産部長の谷村悦子さんから「紫とピンクの染め液が混ざらないように注意して作業を行う。染色後は陰干しにする」などポイントを教わりながら自分だけのストールを染め上げました。

 市内から参加した三上由起子さん(75)は「初めての参加で、花の一つひとつを摘み取るのが大変だったが、淡い色合いで上品な仕上がりになって嬉しい」と喜びました。

花の写真
管内のリンドウ
 鮮やかな青紫色が目を引くリンドウ。お盆やお彼岸の仏花として人気がありますが、ブーケやアレンジメントにもおすすめ。
このページに関しての
お問い合わせ
JA晴れの国岡山
本店 総務部

〒713-8113 岡山県倉敷市玉島八島1510-1
TEL 086-476-1830
ページの先頭へ